医学部入試への道しるべ!

ホーム > メルリックス | 歯学部入試 > 私立歯学部センター試験利用入試ボーダーライン(2017-01-21)

私立歯学部センター試験利用入試ボーダーライン(2017-01-21)

河合塾とベネッセ・駿台データネットで発表されている
私立歯学部のセンター試験利用入試のボーダーラインを
まとめましたので参考にして下さい。

尚、河合塾のボーダーラインは合格可能性50%、
ベネッセ・駿台データネットのボーダーラインは
合格可能性60%となっています。
多少、違いがありますので、注意して下さい。

2016年合格最低点は、各大学が発表している
昨年のセンター試験利用入試の合格最低点です。

このセンター試験利用入試のボーダーラインを見ると、
例えば日本歯科大学新潟生命歯学部(定員約15名)と
日本大学歯学部(定員10名)を比べてみると、
ベネッセ・駿台では日本大学歯学部より
日本歯科大学新潟生命歯学部の方が
ボーダーラインが高くなっています。

募集人員が5名多い、新潟生命歯学部の方が
ボーダーラインが高いというのは、感覚的に
「どうかな?」と思ってしまいます。

大阪歯科大学と日本大学歯学部では、
河合塾もベネッセ・駿台も大阪歯科大学の方が
7%以上高くなっていますが、
これも「どうかな?」と思います。

これは大阪歯科大学は、センター試験利用入試の
繰り上げ合格者数を公表していないことが
大きく影響していると思われます。

私立歯学部17大学を専門的に見ている私としては、
センター試験利用入試のボーダーラインを
頭から信頼するのもどうかと思います。
【歯】2017セ試利用ボーダーライン

関連する投稿




ホーム > メルリックス | 歯学部入試 > 私立歯学部センター試験利用入試ボーダーライン(2017-01-21)

カレンダー
« 1 月 2017 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る