医学部入試への道しるべ!

ホーム > メルリックス | 歯学部入試 > 私立歯学部合同相談会を開催しました。(2018-12-16)

私立歯学部合同相談会を開催しました。(2018-12-16)

今日は、13の私立歯学部の入試担当者に集まって
いただき、私立歯学部合同の相談会を行いました。

歯学部相談会の冒頭は、鈴村学院長から「2019
私立歯学部どこをどう受ける?」というタイトルで
お話しさせていただきました。昨日まで、講演の資料
作成で大変だったようですが今日、聞いていただいた
歯学部受験生や親御さんには、かなり役に立つ話だっ
たと思います。

私立歯学部の受験校を決める時の基準として、偏差値、
入試科目、国家試験合格率、立地、学費の五つを考え
ることが多いと思うが、果たしてそれでいいのか、と
言うところから話は始まって、最後に「誰も教えて
くれない大事なこと」として校風など三つを挙げまし
た。

これは、私立歯学部受験生を19年間見て来た者だか
らこその話だと感じました。

講演の最後は、参加してくださった13の私立歯学部
について知っていて欲しいことを、各歯学部ごとに話
がありました。受験生は、ここまで見ていないのでは
ないかと思うような、それでいて大切な話でした。

この話を聞いていて改めて、歯学部の受験校を決める
際には様々な要素を考える必要があると思いました。
6年間の学費合計が50万円で済む特待制度、それも
30名が特待となる歯学部もあることを知れば、歯学
部の受験校を考える際に大きな要素になるかもしれま
せん。

「歯学部はそれぞれ特徴、校風がある。直接、それぞ
れの歯学部から話を聞いて欲しい」と歯学部合同相談
会を開催するに至った経緯について、最初に話があり
ましたが、確かにその通りだと思います。

関連する投稿




ホーム > メルリックス | 歯学部入試 > 私立歯学部合同相談会を開催しました。(2018-12-16)

カレンダー
« 12 月 2018 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る