医学部入試への道しるべ!

ホーム > 歯学部入試 > 私立歯学部受験生が陥る大きな間違い

私立歯学部受験生が陥る大きな間違い

歯学部受験に向けて頑張っている受験生の皆さん、
頑張るのはいいのですが、頑張りがズレていると
せっかくの頑張りが合格に結び付きません。

大学受験生の中でも、私立歯学部受験を考えて
いる受験生は少数です。同じ高校に、何人もい
ることは稀だと思います。

一般的に、地方の公立高校は国公立大学進学を
目指す指導となりがちです。学校の雰囲気も、
国公立大学進学を目指す雰囲気となるようです。

大学入試では、志望校で出題された試験問題で
合格ラインを超える点数を取れれば合格になり
ます。志望校の入試で出ない問題は、出来ても
出来なくても入試の結果に影響しません。

高校生の皆さんは、同級生に影響を受けがちで
す。同級生が国公立大学を目指して、国公立2
次試験で出題されるレベルの難しめの問題に
取り組んでいると「自分もやらなければ」と思
って、国公立2次試験レベルの問題に取り組み
たくなるようです。

しかし、私立歯学部受験ではそこまで難しい
問題は出題されません。私立歯学部受験に向か
って頑張るのはいいのですが、出ない問題を一
生懸命にやっても、歯学部受験とはズレてしま
います。せっかくの頑張りが違う方向に向いた
頑張りになってしまいます。

そうならないためには、「自分がやるべき問題
レベルを知る」ことが大切です。

やるべき問題レベルを知るためには、志望校の
過去問を解いてみることです。志望校の問題レベ
ルを体感することで、自分がやるべき問題レベル
が分かります。

私立歯学部受験に向けて的確な勉強を進めて下さ
い。

*オンライン個別について詳しくはこちらから*

関連する投稿




ホーム > 歯学部入試 > 私立歯学部受験生が陥る大きな間違い

カレンダー
« 8 月 2022 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る