医学部入試への道しるべ!

ホーム > 医学部入試 | 歯学部入試 > 自信を持つ 2

自信を持つ 2

自信をうまく持てないもう一つのタイプは
実力はあるのに点に表れないタイプです。

講師は授業をしていると
生徒の実力がわかるものです。
特にメルリックスでは参加型の授業を行っているので、
生徒の力は分かります。

ところが、
講師の感覚と模試などの結果が一致しないこともあります。
講師は力があると思っているのに
結果が伴わない生徒がいます。
これはどういうことでしょう?

これは本人の苦手意識が邪魔をしている場合が少なくありません。
ある科目が苦手で苦しんだ人は
その意識がなかなか抜けないものです。

苦手を克服しようと頑張って力が付いても
苦手意識があるため、
模試などでは焦ったりして
うまく自分の力を出せないことがよくあります。

このタイプは一度いい成績がとれると
がらっと変わることもありますが、
いつまでも苦手意識を引きずってしまうケースもあります。
先生がいくら「力はある」と言ってもなかなか信じてくれません。

このケースも私達が言い続けることが一番効果があるようです。

自信を持つことの大切さ、
自信を持たせることの難しさを日々感じています。

関連する投稿




ホーム > 医学部入試 | 歯学部入試 > 自信を持つ 2

カレンダー
« 5 月 2007 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る