医学部入試への道しるべ!

ホーム > 医学部入試 > 聖マリアンナ医科大学医学部の面接・小論文

聖マリアンナ医科大学医学部の面接・小論文

医学部一般入試が迫ってきて、
お問い合わせも多くなってきています。

私立医学部も定員増がありますが、
ほとんどが地域枠での定員増ですので、
受験生の皆さんには分かりにくいようですね。

定員増に限らず、私立医学部一般入試では
いくつか変更点がありましたが、
その中で聖マリアンナ医科大学医学部では

面接小論文がそれぞれ100点の配点となりました。

学科試験では英語も数学も化学も生物も物理も
配点はそれぞれ100点です。

英語と数学を合わせた配点と
面接・小論文の配点が同じになりました。

このことについてお問い合わせが数多く寄せられています。

もともと聖マリアンナ医科大学医学部の面接は圧迫面接で、
とても手強い面接という意識をお持ちの受験生が多いようです。

いろいろと心配をしている受験生やご家族の方も多いようです。

詳細をこのブログに書き込むことはできませんが、
私の結論だけを言います。

「実態としてはこれまでと変わらないと考えていい」

関連する投稿




ホーム > 医学部入試 > 聖マリアンナ医科大学医学部の面接・小論文

カレンダー
« 12 月 2009 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る