医学部入試への道しるべ!

ホーム > 医学部入試 > 医学部のセンター試験利用入試(3)

医学部のセンター試験利用入試(3)

医学部センター試験利用入試
受験するかどうかの判断基準は、
ざっくり言って

「8割取る自信があるかどうか」

と前回お話ししましたが、
現実には8割では医学部に合格するのは
難しいと考えて下さい。

医学部のセンター試験利用入試(2)

私立医学部のセンター試験利用入試では
センター試験の点数だけで
合否が決まるわけではありません。

例えば帝京大学医学部のセンター試験利用入試では
センター試験の他に英語の長文読解面接
課せられます。

この長文読解がクセ者で、
非常に難易度の高い長文問題が出題されます。

私立医学部のセンター試験利用入試で、
センター試験の点数だけで
合否を判定するのは近畿大学だけです。

ですから、センター8割程度でも
医学部に合格の可能性が無くはありません。

ちなみに蛍雪時代8月号の付録に
「最新版!合格難易度データ」という
小冊子が付いています。

これには駿台予備校、代々木ゼミナール、河合塾
発表しているボーダーラインが掲載されています。
(駿台、代ゼミは合格可能性60%、河合は合格可能性50%)

それによれば、駿台予備校で最も得点率の低い
医学部センター試験利用入試のボーダーラインは
獨協医科大学85.8%です。

代々木ゼミナール81.5%愛知医科大学です。

河合塾84%愛知医科大学藤田保健衛生大学
並んでいます。

私立医学部のセンター試験利用入試で
ボーダー得点率が最も低い大学は、三者三様です。

愛知医科大学のセンター利用入試では、
代々木ゼミナールの合格可能性60%の得点率は81.5%です。
それに対し合格可能性50%と若干ハードルの低い
河合塾は84%です。

ちなみにボーダー得点率が最も高い大学は
駿台が92.0%の近畿大学医学部で、
代ゼミは91.0%の帝京大学医学部
河合も91%の帝京大学医学部です。

私立医学部入試の「難しさ」は
こんなところにも見てとれます。

「えっ?センター利用で一番入りやすいのは結局どこ?」
「いったい何%とればいいの?」

と思った医学部受験生も少なくないかと思います。

模試の合格可能性判定もそうですが、
あくまで目安として考えて下さい。

私立医学部入試の合格可能性判定を考える時、
サンプル数が他学部の様に多くはなく、
どうしても多少のブレは考えないとなりません。

私立医学部入試、やはり一筋縄では行きませんね。

■私立医学部 センター試験利用入試ボーダーライン

大学名 駿台 河合塾 代ゼミ
獨協医科大学 85.8 85 87.3
杏林大学 90.0 88 88.0
順天堂大学 90.7 90 89.0
昭和大学 88.3 88 86.0
帝京大学 90.0 91 91.0
東京医科大学 89.5 88 87.0
愛知医科大学 88.5 84 81.5
藤田保健衛生大学 87.1 84 84.4
大阪医科大学 90.7 89 88.7
近畿大学 92.0 90 90.0
兵庫医科大学 88.6 87 89.5
産業医科大学 88.0 87 86.2

関連する投稿




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム > 医学部入試 > 医学部のセンター試験利用入試(3)

カレンダー
« 7 月 2011 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る