医学部入試への道しるべ!

ホーム > 医学部入試 > センター試験予想平均点

センター試験予想平均点

昨日、大学入試センターからセンター試験の平均点
公式な中間発表がありました。

大学入試センター(センター試験に関する新着情報)

そして、各予備校からもセンターリサーチの結果が発表されました。

これらを下記にまとめましたので参考にして下さい。
こういったセンター試験の予想平均点をまとめたものは、
他には無いようですのでお役に立てると思います。

2013年度センター試験予想平均点 ※PDF 99KB
http://www.melurix.co.jp/pdf/13heikinten.pdf

さて、一番気になる5教科7科目理系の平均点ですが
どうやら550点台の前半(正解率61%台)だったようです。

これは昨年に比べると30点以上の大幅ダウンになります。
「今年のセンターは難しかった」と言えそうです。

1月21日のこのブログでセンター試験終了直後の
各予備校の予想平均点を掲載しました。

「1月21日 2013年度 センター試験予想平均点」

予備校によっては、その時の数字と今回の予想平均点と
差がある予備校もありました。

1月21日時点でのセンター試験5教科7科目理系の予想平均点は
河合塾が一番低く、代々木ゼミナールは河合塾より11点高く、
駿台予備学校は更に9点高く、河合塾に比べると20点高くなっていました。

センターリサーチ後の予想平均点では
その差は4点に収まっています。
やはりセンターリサーチ後は、かなり精度が高くなります。

結果として、河合塾が最初からかなり精度が高かったということになりました。

これは
「日頃、どういった生徒を相手にしているか」
「どれだけのサンプルを集められるか」
「バランスのいいサンプルを集められるか」
という点が影響していると考えられます。

河合塾は「上から下まで満べんなく生徒を見ている」
「バランスのいいサンプルを大量に集められる」
という点で、高い精度につながっていると思います。

私達には全国的に文系、理系全ての受験生を対象に
センターリサーチを実施する力はありません。
こういった予想平均点を発表できる予備校は、さすがと思います。
ありがたく利用させていただきます。

さて、私立医学部受験生にとって最も気になる
私立医学部センター試験利用入試のボーダーライン
各予備校から発表されました。

2013年度センター利用入試ボーダーライン(予備校比較)※PDF 268KB
http://www.melurix.co.jp/pdf/13border-line.pdf

ザッと見たところ、昨年に比べわずかですが私立医学部のボーダーライン
下がりそうな感じです。

とは言え、医学部を個別に見ていくと、獨協医科大学のように
むしろ昨年よりボーダーラインが上りそうな大学もあります。

この私立医学部センター試験利用入試の予想ボーダーラインは、
これから分析を進めます。

とりあえずは速報でお伝えします。

関連する投稿




ホーム > 医学部入試 > センター試験予想平均点

カレンダー
« 1 月 2013 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る