医学部入試への道しるべ!

ホーム > 医学部入試 > 昭和大学医学部の小論文と面接

昭和大学医学部の小論文と面接

今日も朝から1次合格者の対応に追われ、
ブログの更新が遅くなりまして申し訳ありません。

模擬面接が中心ですが
「1次試験と2次試験が重なってしまったのでどちらを優先するか」
「2次試験は地方に行かなければならないが、前日入りか当日入りか、
どの様な交通手段がいいか、ホテルはどこがいいか」
など、
生徒一人ひとりへの対応が必要になります。

1次試験にたくさん合格者が出るのはうれしいのですが、
調子の出ない生徒のことも忘れるわけにはいきません。
調子の出ない生徒を勇気づけ、元気づけることも私達の大切な仕事です。

さて昭和大学医学部の1次試験合格者は549名で
昨年に比べ99名という大幅増となりました。

今年は、学費を思い切って下げたことで国公立併願者が増え、
合格者の中から入学辞退者も増えると考えて
1次試験合格者を多く発表したのだと思います。

昭和大学医学部の2次試験は小論文面接が行われ、
小論文は医療に関するテーマがよく出題されます。
知っていることなら問題ないのですが、
自分がよく知らないテーマが出題された時に
どう書くかを磨いておいて下さい。

昭和大学医学部の面接は面接官2名に受験生1名で行う個人面接です。
杏林大学医学部と同じ様に、面接の前にアンケートの記入があります。

アンケートには医学部志望理由、本学志望理由がありますが、
それにとどまらず、それぞれ影響を受けた人も書かされますので、
考えておくといいでしょう。

医学部を志望するに至った過程で影響を受けた人は、
親や担当医などだけでなく野口英世などでもいいでしょう。

面接は10分と決められており10分経過するとベルが鳴ります。
たくさんのブースで同時に面接を行いますが
目の前の面接官に集中して下さい。

本日は13:00に埼玉医科大学(前期)
1次試験合格者の発表もありましたが後程詳しくお伝えします。

関連する投稿




ホーム > 医学部入試 > 昭和大学医学部の小論文と面接

カレンダー
« 1 月 2013 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る