医学部入試への道しるべ!

ホーム > 医学部入試 > 医学部と多浪生

医学部と多浪生

一般的に3浪を超えると多浪生という言い方をしますが、
医学部受験生の中にはいわゆる多浪生の方も少なくないでしょう。

多浪生の方々は
「多浪生を受け入れない医学部があるのではないか?」
「多浪生に厳しい医学部はどこだろう?」
といったような心配をされる方が多いようです。

メルリックスでは、医学部入試においても
多浪生ということは基本的に心配していません。

もちろん多浪生は、多少なりともハンデがある場合もあるとは思います。
しかし、それは乗り越えられないものだとは思いません。

メルリックスから、4浪以上の生徒だけを挙げても、
今年も7浪1名、6浪1名、5浪5名、4浪1名が医学部に進学されました。

全員、メルリックスでは1年目の生徒で、
やはりそれぞれが「多浪生でも大丈夫?」と心配していました。

しかし、みんな医学部へ進学してくれました。

多浪の医学部受験生が気を付けるべきことは2つあります。
1つは「フレッシュな気持ちになれるのか」です。

多浪ともなると、もう見たことのない問題はほとんどないでしょう。
どの問題を見ても「こんなの大丈夫」と思ってしまいがちです。

ところが、「じゃあ解いてみて」と解いてもらうと、
途中で「あれっ?」となることもよくあります。

受験生本人は出来るつもりでいても、
出来ない問題が数多くあるはずです

本当に出来るのなら、医学部に合格していてもおかしくないでしょう。
多浪の医学部受験生は、標準的な問題は出来るつもりになっていますので、
とかく難しいことをやりたがります。

でも、その前にやるべきことがあるはずです。

多浪生は、フレッシュな気持ちになってもう一度、
全部やり直す気持ちになることが欠かせません。

「出来るつもり」の問題を本当に「出来る」にすることが大切です。

多浪生が気を付けるべきもう1点は、明日お伝えします。

関連する投稿




ホーム > 医学部入試 > 医学部と多浪生

カレンダー
« 4 月 2013 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る