医学部入試への道しるべ!

ホーム > 医学部入試 > 面接を軽く考えてはいけない

面接を軽く考えてはいけない

昨日まで福岡校で久留米大学医学部と福岡大学医学部の面接対策を行ってきました。

久留米大学医学部と福岡大学医学部は、いずれも面接に配点があります。
ですから受験生の皆さんも、少しでも点を稼ごうと、面接対策に力が入るのだと思います。

では、点数化されない医学部では、それほど力を入れる必要はないのでしょうか?

私は、決してそうは思いません。

獨協医科大学のように、面接に対する面接官の評価がAで揃うと、
1次試験の点数に関係なく合格とする大学もあります。
明らかにしていなくても、同様の取扱いをする大学も他にもあるでしょう。

一方で、面接官の評価が最も低い評価である場合、
一次試験の成績に関係なく不合格とするのは、ほぼ全ての大学だろうと思います。
ただ、大学により「面接官全員が」「3人中2人の面接官が」
「面接官のうち1人でも」等、多少の違いはあるようです。

面接を終えた生徒からの報告で、面接が終わった後、
面接官から「待ってるよ」とか「合格になるから」
と言われたという報告が今年もありました。

本人としては、本当に合格になるのか疑心暗鬼になったようですが、
ちゃんと合格しました。

医学部2次試験に合格しなければ「合格」ではありませんので、
2次試験まできっちり仕上げるのが予備校の責任だと思います。
私達も最後まで手を抜けません。

ところで、福岡校の生徒で、高校には全く行っていない高卒認定の生徒も、
福岡大学医学部の1次試験に合格しました。
その生徒も含めて、グループ面接、グループ討論対策を行いました。
その生徒は、最初の自己PRもうまくまとめていましたし、
グループ面接・グループ討論もいい仕上がりだったと思います。
昨年の高卒認定の生徒に続いて医学部合格を果たしてもらいたいと期待しています。

関連する投稿




ホーム > 医学部入試 > 面接を軽く考えてはいけない

カレンダー
« 2 月 2015 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る