医学部入試への道しるべ!

ホーム > 医学部入試 > 東海大学医学部編入学試験の英語(2017-06-01)

東海大学医学部編入学試験の英語(2017-06-01)

昨日は、今年の東海大学医学部編入学試験の
適性試験について、「全体として前年並み」とお伝えしました。
本日は、今年の東海大学医学部編入学試験の英語について
お伝えします。

一昨日、「今年の英語は難化した」とお伝えしましたが、
その点は受験生、講師ともに同じ感想です。
問題数や各問の構成は変わっていませんが、
量が増えました。

は例年かなり難しく、普通の問題集等では扱われていない
ものも少なくないのですが、今年も同様には苦労したと思います 。
そして、何より今年の難化を象徴するのがです。

昨年の東海大学医学部編入学試験の英語の問題は全13ページでしたが、
今年は全17ページと、4ページも増えました。
今年の英語は量がかなり増えましたが、その象徴がです。
昨年の英語では、の問題の英文が2ページ半で最も長い英文でした。
しかし、今年のの英文は5ページと少しで、
まともに読んでいる時間は到底なかったと思われます。

今年の東海大学医学部編入学試験の英語の平均点は、
下がることが間違いないでしょう。

気になる今年の東海大学医学部編入学試験1次試験の
合格ラインですが、英語の難化に伴って、前年よりは
下がると考えられます。

昨年の東海大学医学部編入学試験の1次合格ラインは、
素点で115点でした。今年はここから更に下がって、
100点~110点位になるのではないかと考えています。
いずれにしても、6月3日(土)の1次合格発表を待ちましょう。

1次試験合格者数は、2日間の2次試験日でさばき切れる人数が
上限となりますので、大きく増えることは考えにくく、
80名前後ではないかと思われます。

ギリギリであろうと1次試験に合格すると、
2次試験の配点は200点と大きく、チャンスは十分にあります。
2次試験でまだまだ順位が動きますので、
出来る限りの準備をして東海大学医学部編入学試験の
2次試験に臨んでください。

メルリックスでも東海大学医学部編入試験2次試験対策を
行います。昨年は「プレゼンは1テーマになる」と予想した通り
1テーマになり、実際の東海大学医学部編入2次試験の
プレゼンで与えられたテーマは、いずれも東海大学医学部
編入学試験2次試験対策で扱ったテーマでした。
今年も予想テーマの準備は完了しました。

東海大学医学部編入学試験2次試験対策講座はコチラ

***メルリックス学院のホームページ***
http://www.melurix.co.jp/

***メルリックス学院の夏期講習***
http://nyushi.melurix.com/archives/185

***メルリックス学院のお試し個別指導***
http://nyushi.melurix.com/archives/1701

***書籍好評発売中***

『医学部合格完全読本』かんき出版(Kindle版あり)

『2017年度版 私立医歯学部受験攻略ガイド』メルリックス学院(Kindle版あり)

関連する投稿




ホーム > 医学部入試 > 東海大学医学部編入学試験の英語(2017-06-01)

カレンダー
« 6 月 2017 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る