医学部入試への道しるべ!

ホーム > 医学部入試 > 岩手医科大学医学部推薦入試合格発表と一般入試の志願者数(2017-12-19)

岩手医科大学医学部推薦入試合格発表と一般入試の志願者数(2017-12-19)

先週の金曜日、12月15日には産業医科大学医学部の他に
岩手医科大学医学部でも推薦入試の合格発表が行われました。

岩手医科大学医学部推薦入試の合格発表は、今年から受験生一人ひとりが
岩手医科大学のホームページにアクセスして合否を確認する方法になりました。
合格者全員の受験番号を発表する方法ではありませんので、
合格者数は今のところ分かっていません。

これまで岩手医科大学の推薦入試では、一般公募推薦入試も
地域枠特別推薦入試も、合格者は募集人員と同数でしたので、
今年度の推薦入試の合格者も募集人員と同じ、一般公募推薦入試15名、
地域枠特別推薦入試15名だと思われます。

ところで岩手医科大学医学部一般入試の志願者数ですが、
2014年度入試では2,197人でしたが、年々増加を続け、
昨年の2017年度入試の志願者数は3,621人にまでなりました。
3年間で1,424人も志願者が増えています。

医学部受験生の皆さんとしては、来年1月の岩手医科大学
医学部一般入試の志願者数が気になるところだと思います。

私自身は、2018年度の岩手医科大学医学部一般入試の志願者数は
若干減少するのではないかと考えています。
これは、医学部の入試日程の変化により、岩手医科大学医学部と
国際医療福祉大学医学部が、志願者を多少なりとも
分け合うことになると考えているからです。

大手予備校の参考資料でも、国際医療福祉大学を志望校に書く
受験生が昨年より増えているのに比べて、岩手医科大学を志望校に
書く受験生は減っています。
もっとも、これは全国模試の受験生データを元にしていますので、
実際の志願者数とは多少の誤差があると考えた方がいいでしょう。

岩手医科大学は今年の4月に看護学部を開設し、医学部、歯学部、
薬学部、看護学部が揃う医療系総合大学となりました。
120年の歴史を誇り、2019年9月には新しい附属病院の開院が
予定されています。
入試日程の関係で、医学部一般入試の志願者は減少するかもしれませんが、
岩手医科大学医学部は魅力ある医学部の一つだと思います。

***メルリックスの冬期講習***
http://nyushi.melurix.com/archives/205

***メルリックス学院のお試し個別指導***
http://nyushi.melurix.com/archives/1701

***書籍好評発売中***

『私立医歯学部受験攻略ガイド<2018年度版>』発売中!

『医学部合格完全読本』かんき出版(Kindle版あり)

関連する投稿




ホーム > 医学部入試 > 岩手医科大学医学部推薦入試合格発表と一般入試の志願者数(2017-12-19)

カレンダー
« 12 月 2017 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る