医学部入試への道しるべ!

ホーム > 医学部入試 > 慈恵医大が腎再生の臨床研究へ(2018-01-06)

慈恵医大が腎再生の臨床研究へ(2018-01-06)

東京慈恵会医科大学を中心とするチームが、慢性腎不全の
患者本人のiPS細胞を使って、患者本人の体内で腎臓を再生
させる世界初の臨床研究を始めることが報道されました。

国内で人工透析を受ける腎臓病の患者は約32万人で、さらに
1年で5000人ペースで増加を続けているそうです。腎臓病の
根治策は現在では腎臓移植しかありませんので、東京慈恵会
医科大学の横尾隆教授が率いるチームの研究には多くの期待が
寄せられています。

人工透析には年間1兆5000億円の医療費がかかっていて、
医療費の抑制にもつながるかもしれません。また、人工透析の
回数が減れば患者の負担も軽減されます。

もちろん、実際にこの研究が実用化されるまでにはまだ時間が必要
でしょうが、世界的にも慢性腎不全の患者は増加しているとのことで、
東京慈恵会医科大学の研究の意義は大きいと言えるでしょう。

東京慈恵会医科大学医学部の入試では、個人面接も行われます。
慈恵医大の面接では「数ある医学部の中で、なぜ東京慈恵会医科
大学医学部を志望するのか」という質問もあります。
慈恵医大志望理由の一つに「世界初の腎再生の研究に取り組むことを
知り、研究面でも世界をリードする素晴しい大学だと思った」
といった感じで、このニュースを使ってもいいでしょう。

ただし、慈恵医大医学部志望理由を、このニュースだけしか言わないのは
良くありません。三つある志望理由の三番目がいいと思います。

***メルリックスの冬期講習***
http://nyushi.melurix.com/archives/205

***メルリックス学院のお試し個別指導***
http://nyushi.melurix.com/archives/1701

***書籍好評発売中***

『私立医歯学部受験攻略ガイド<2018年度版>』発売中!

『医学部合格完全読本』かんき出版(Kindle版あり)

関連する投稿




ホーム > 医学部入試 > 慈恵医大が腎再生の臨床研究へ(2018-01-06)

カレンダー
« 1 月 2018 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る