医学部入試への道しるべ!

ホーム > 医学部入試 > 「ゲーム障害」が新たな疾病へ(2018-01-09)

「ゲーム障害」が新たな疾病へ(2018-01-09)

WHO(世界保健機関)は、オンラインゲームや
テレビゲームなどのやり過ぎで日常生活に支障をきたす症状について、
病気の世界的な統一基準である国際疾病分類に加える
見通しであることを5日に発表しました。

ゲーム症・障害を「ゲームをする衝動が止められない」
「問題が起きてもゲームを続ける」「個人や家族、社会、
学習、仕事などに重大な問題が生じる」などを
具体的な症状としています。

オンラインゲームにとどまらず、LINEやtwitterなどの
SNSも含めて「ネット依存」が社会的に問題視されていて、
厚生労働省の発表によると成人の約421万人、中高生の
約52万人にネット依存の疑いがあるとされています。
また、日本に限らず、ネット依存は世界的な問題となっています。

今回のWHOのネット障害に対する取り組みをきっかけに
ゲーム依存、ネット依存への対策が進むことが
期待されています。

この話題は高校生にも当てはまりますので、
医学部入試の面接や小論文で取り上げられる可能性が
あると思います。
医療に関心があるはずの医学部受験生なら、医学部入試の場で
「ゲーム依存」「ネット依存」は聞いたことがないとは
言いたくありませんので、多少の知識は持っておいた方が
いいでしょう。

***メルリックスの冬期講習***
http://nyushi.melurix.com/archives/205

***メルリックス学院のお試し個別指導***
http://nyushi.melurix.com/archives/1701

***書籍好評発売中***

『私立医歯学部受験攻略ガイド<2018年度版>』発売中!

『医学部合格完全読本』かんき出版(Kindle版あり)

関連する投稿




ホーム > 医学部入試 > 「ゲーム障害」が新たな疾病へ(2018-01-09)

カレンダー
« 1 月 2018 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る