医学部入試への道しるべ!

ホーム > 医学部入試 > 帝京大学医学部入試の1日目を終えて(2018-01-25)

帝京大学医学部入試の1日目を終えて(2018-01-25)

学院長の田尻です。
今日は、3日ある帝京大学医学部入試の1日目です。帝京大学
医学部入試は3日間それぞれ別の問題で行われ、
3日全てを受けた場合は3日間で最も高い
得点の日で合否が判定されます。

帝京大学医学部の赤本には、3日間全ての
問題が載っているわけではありませんので、
3日間を総合すると、どういう傾向かということは
分かりにくいと思います。毎年、帝京大学医学部を
受験した生徒から、その日に出題された問題を聞き取り
ますが、それらを総合すると帝京大学医学部の
入試問題は、3日間を合わせると各分野
バランスの取れた出題となっているように感じます。

今日も、帝京大学医学部の入試を終え岩手医科
大学医学部や川崎医科大学などの面接対策の
ためにメルリックスに戻って来た生徒達から今日の帝京大学
医学部入試で、どんな問題が出題されたかを聞き
「明日は、あそこが出そうだね」といった
話をしました。3日目は更に出そうな分野を絞り込めると
思います。

昨日行われた今年の杏林大学医学部の面接は、私が話を聞いた生徒は
「圧迫っぽかった」と話していました。これまでもそうでしたが
杏林大学医学部の面接は面接官によって雰囲気が
かなり異なるようです。このことは杏林大学医学部に
限った話ではなく、面接官によって雰囲気が
異なる場合もあることを覚えておいて下さい。

<トータルアドバイザー鈴村より追記>
本日、行われた帝京大学医学部1次試験の1日目は
志願者3,021名でした。出題内容は物理でグラフの
描図が出されたり、英語の記述の量が増えたりと
「高大接続の影響で記述の量を増やそうと考えている」
と入試ご担当者が言っていた通りだったと思います。

明日以降もこの傾向は続くと思われますが、問題の
難易度は日によって異なるので、問題が易しい日は
最後の1点までミスなく取り切るつもりで、難しい
と感じる日は、最後まで粘って解くという、昨日も
書いた基本を忘れないようにしてほしいと思います。
試験日ごと、科目ごとに行われる受験者平均点を
もとにした得点調整は、英語には適用されません。

また、杏林大学医学部2次試験の小論文については、
こちらの記事の最後にちょっとだけ書いています。

2018.1.24.『今日は兵庫医科大学医学部の1次試験です』

***メルリックス学院の模擬面接***
フリーダイヤル0120-142-760で対策をご希望する大学をご予約ください。

***メルリックス学院の医学部2次対策***
http://nyushi.melurix.com/archives/213

***書籍好評発売中***

『私立医歯学部受験攻略ガイド<2018年度版>』発売中!

『医学部合格完全読本』かんき出版(Kindle版あり)

関連する投稿




ホーム > 医学部入試 > 帝京大学医学部入試の1日目を終えて(2018-01-25)

カレンダー
« 1 月 2018 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る