医学部入試への道しるべ!

ホーム > 医学部入試 > 国公立大学医学部の出願が締切られました(2018-02-01)

国公立大学医学部の出願が締切られました(2018-02-01)

学院長の田尻です。

私立医学部専願の受験生にとって、国公立医学部の
動向は関係ないと思うかもしれませんが、全く無視する
わけにもいきません。私立医学部と国公立医学部を併願する
受験生の存在を忘れるわけにはいかないからです。慶應
義塾大学医学部、東京慈恵会医科大学医学部、
大阪医科大学医学部などの医学部への出願者の中には
国公立大学医学部との併願者が多くいます。これらの
大学の他にも東京の医学部では順天堂大学医学部、日本医科大学医学部、
昭和大学医学部も国公立大学医学部との併願者が
多い医学部です。これらの医学部は「入試難易度が
高い」ということもありますが同時に「学費が私立医学部の
中では安い」という共通点もあります。昨年4月に開設
された国際医療福祉大学医学部は私立医学部の
中では6年間の学費が最も安い医学部ですが、入学者の
8割程度は国公立大学医学部との併願者でした。
国公立大学医学部に合格したものの、国公立大学医学部の
入学を辞退して国際医療福祉大学医学部に
進学した人も一人いました。

私立医学部の補欠からの繰り上げ合格ですが例えば
東京慈恵会医科大学医学部の昨年の繰り上げ合格者は102名、
一昨年は151名、3年前が184名でした。恐らく東京慈恵会
医科大学の合格者の中で、国公立医学部にも合格した受験生が
東京慈恵会医科大学の入学を辞退したケースが少なく
なかったと思います。東京慈恵会医科大学の辞退者が出ることによって、
他の私立医学部に合格している受験生が
東京慈恵会医科大学に繰り上げ合格になれば、もともと
合格していた医学部の入学を辞退することになります。
このように医学部の繰り上げ合格は、いくつかの医学部に連動していきます。
例えばこの繰り上げ合格のように私立医学部と国公立医学部は
一定の関係を持って動きます。

***メルリックス学院の医学部2次対策***
http://nyushi.melurix.com/archives/213

***メルリックス学院の後期・II期対策講座***
http://nyushi.melurix.com/archives/213

***書籍好評発売中***

『私立医歯学部受験攻略ガイド<2018年度版>』発売中!

『医学部合格完全読本』かんき出版(Kindle版あり)

関連する投稿




ホーム > 医学部入試 > 国公立大学医学部の出願が締切られました(2018-02-01)

カレンダー
« 2 月 2018 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る