医学部入試への道しるべ!

ホーム > メルリックス | 医学部入試 > 自分が、やるべきことが分からなかったら(2018-04-10)

自分が、やるべきことが分からなかったら(2018-04-10)

学院長の田尻です。

昨日は、「与えられたことを、訳も分からずやるのではなく、
自分にとってそれは必要か、自分は今、何をやるべきかを
考えて勉強を進めることが大切」とお伝えしました。

しかし、自分に何が足りなくて、何をやるべきか分からない
という医学部受験生もいるかもしれません。これまで、
あまり勉強をしていなかった受験生だけでなく、自分としては
かなり頑張ってきた受験生の中にも、自分に何が足りないのかが
分からない人もいるでしょう。

そういう場合は、当たり前ですが各科目の先生に聞いてみてください。
特にスタートのこの時期は、先生に自分の状況を知ってもらうためにも
先生と話すことをお勧めします。メルリックスでも新しい生徒の
皆さんが先生と自由に話しています。

その様子を見ていると、やはり生徒一人ひとりアドバイスも違いますし、
課題を与えるにしても、これまでやっていた物を続けるように言う場合と
新しい課題を与える場合があります。そして、ただ課題を指示するだけでなく
「なぜ今は、この教材なのか」「この教材をどう使うのか」も話してくれています。

もう一つ、各科目の勉強の進め方も大切ですが、時期によって
どの科目に特に力を入れるかも大切なことです。これは、各科目の
先生ではなく、自分の学力全体を知る担任のような人に聞いてください。
先日のブログでも書きましたが、予備校で何でも話せる信頼できる人を
早めに見つけてください。

ちなみに鈴村TAは担任している生徒に限らず、全ての生徒の相談も
受けますので、すでに全ての新しい生徒との面談を終えています。
ザッとでも生徒の状況や性格をつかむために鈴村TAは、前期授業が
始まる前に面談を行っています。

何をやるべきか分からなければ、先生や予備校の人に機会を見つけて
聞いてみるといいでしょう。

<鈴村より追記>
面談では、その生徒のどの部分が不足していて、どの部分が学力を伸ばす
障害になりそうかということを見ています。必要なことがあれば、担任に
なる人に引き継いでいます。
クラスごとの担任は、14日(土)のオリエンテーションで発表しますので
それまでお待ちください。
一応、メルリックスの生徒に関しては、全員のデータも常に見ているので
相談されればいつでも答えられると思います。「自分のことなんか、全然
気にしてないだろうな~」と思ってる生徒のことも、ちゃんと見てますよ(笑)

***田尻学院長との個別面談を希望される方はコチラ***
http://nyushi.melurix.com/archives/2297

※お電話で「田尻学院長を」とご指名ください!

***メルリックス学院の春期講習2018***
http://nyushi.melurix.com/archives/171

※1日もしくは1講座無料体験実施中!

***書籍好評発売中***

『私立医歯学部受験攻略ガイド<2018年度版>』発売中!(電子版あり)

『医学部合格完全読本』かんき出版(Kindle版あり)

関連する投稿




ホーム > メルリックス | 医学部入試 > 自分が、やるべきことが分からなかったら(2018-04-10)

カレンダー
« 4 月 2018 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る