医学部入試への道しるべ!

ホーム > 医学部入試 > 東海大学医学部編入学試験、定員減の意図(2018-05-16)

東海大学医学部編入学試験、定員減の意図(2018-05-16)

学院長の田尻です。

今日は、鈴村TAと東海大学伊勢原キャンパスの
東海大学医学部にお伺いして、東海大学医学部入試に
ついて様々お聞きしてきました。

東海大学伊勢原キャンパスでは、応接室を用意して
お待ちいただき、医学部入試をご担当される3名の
方から出来上がったばかりの医学部のパンフレットを
基に様々なご説明と私達からの質問への丁寧な解答を
いただきました。

先日お伝えいたしましたように、東海大学医学部では
新たに「希望の星育成」と名付けたAO入試を募集人員
5名で実施します。これに伴い、東海大学医学部の編入学
試験の募集人員はこれまでの20名から15名に5名減と
なります。

編入学試験の定員を5名減らすことについて、医学部再受験生の
皆さんは「東海大学医学部は、再受験生を取りたくなくなった
のか」と思われるかもしれません。編入学試験の定員を5名
減らしたことについて、その意図をお伺いいたしましたが
東海大学医学部としては、「編入学試験を経て入学する医学部
再受験生については高く評価している」とのことでした。

では「なぜ今回、編入学試験の募集人員を減らしたのか」ですが
「東海大学医学部では、入試において年齢差別を行っていない
ことから一般入試でも再受験生が合格し入学してくる」「一般入試
では浪人生や再受験生に比べて、勉強量が少ない現役生はそう多く
合格できない現状がある。学年全体のバランスを考えて定員の変更を
行った」とのことでした。

この話の中で昨年、メルリックスから東海大学医学部に編入学した
学生、一昨年メルリックスから編入学した学生の例を挙げ「非常に
優秀で再受験生はいい」とおっしゃっていただきました。この時、
私も鈴村TAも「東海大学医学部が欲しい再受験生は、こういう人か」と
感じました。東海大学医学部編入学試験、2次試験のポイントがより
明確に分かったように思います。

東海大学医学部入試について、この他にも多くのことをお聞きしました。
明日以降、改めてお伝えいたします。

***【自宅受講】東海大学医学部 一般編入学試験1次試験プレテスト***
http://nyushi.melurix.com/archives/2387

***田尻学院長との個別面談を希望される方はコチラ***
http://nyushi.melurix.com/archives/2297

※お電話で「田尻学院長を」とご指名ください!


『医学部合格完全読本』かんき出版(Kindle版あり)

関連する投稿




ホーム > 医学部入試 > 東海大学医学部編入学試験、定員減の意図(2018-05-16)

カレンダー
« 5 月 2018 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る