医学部入試への道しるべ!

ホーム > 医学部入試 > 文部科学省の医学部入試調査、中間発表(2018-10-25)

文部科学省の医学部入試調査、中間発表(2018-10-25)

23日、文部科学省が東京医科大学の不正入試を
受けて全国81の医学部に対して行った医学部
入試に関する調査の中間まとめを発表しました。

今回の発表で、文部科学省としては女子や多浪
生を不利に扱うなどの不適切な疑いのある入試
について四つの類型があるとしました。

不適切な疑いの類型は、「調査書や出願時の書類
評価で現役生に加点し浪人生に加点しない」「合
否判定の際、多浪生や女子は面接などでより高い
評価を得ないと合格としない」「合格圏外の同窓
生の子どもを合格させる」「補欠合格者の繰り上
げ合格で、得点が下位の特定の受験生に先に連絡
する」の4類型です。(毎日新聞より)

これまで医学部入試については、様々な噂があり
ましたが疑わしい例が具体的に、文部科学省から
出てきました。

ただ、これらの疑いについて文部科学省は大学名
や校数については明らかにしませんでした。

何より残念なのは、この医学部入試についての調査
の最終報告は「年内にまとめる」としている点です。
医学部での合格を目指して頑張っている受験生は、
医学部入試についてモヤモヤした気持ちを持ってい
ると思います。この気持ちを一日でも早く払しょく
して医学部入試に専念できるようになってもらいた
いと願います。

最終報告が年内となれば、医学部の受験校を決める
時期には間に合わないと思われます。毎日頑張って
いる生徒達を見ていると、そのことが残念でなりま
せん。

ところで、文部科学省の中間発表と同時に、新聞や
テレビからの取材依頼が来ました。生徒達に落ち着
いた環境を提供したいことから現在、取材は基本的
にお断りさせていただいています。特に生徒への取
材は全てお断りさせていただいています。

メルリックス学院のホームページにも生徒への取材を
お断りすることを載せています。その中に「今回の件
で、最もショックを受けているのは受験生である生徒
達です。その生徒達が少しでも落ち着いて勉強出来る
環境を予備校として守りたいと考えております。」と
鈴村学院長の言葉があります。

医学部受験生の皆さんが、受験以外のことで集中力を
欠くようなことのないことを祈っています。

***田尻学院長との個別面談を希望される方はコチラ***
http://nyushi.melurix.com/archives/2297
※お電話で「田尻学院長を」とご指名ください!


『医学部合格完全読本』かんき出版(Kindle版あり)

関連する投稿




ホーム > 医学部入試 > 文部科学省の医学部入試調査、中間発表(2018-10-25)

カレンダー
« 10 月 2018 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る