医学部入試への道しるべ!

ホーム > 医学部入試 | 医学部再受験 > ラグビー福岡選手が医学部受験へ

ラグビー福岡選手が医学部受験へ

昨年、ラグビーワールドカップは日本中を熱狂さ
せました。そのワールドカップで大活躍した福岡
堅樹選手が医学部を目指すことを表明しました。

昨年のラグビーワールドカップが終った後は、7
人制のラグビーで東京オリンピックを目指すこと
を明らかにしていました。しかし、東京オリンピ
ックが1年延期となり自身の27歳という年齢も
考え、7人制ラグビーでのオリンピック出場を断
念し、医学部を目指すことを決断したとのことで
す。

福岡選手は大学受験の時、医学部を志望していま
した。筑波大学医学群医学類が第一志望でした。
センター試験の結果、合格出来そうな医学部はあ
ったものの筑波大学への進学を望み、その時は医
学部を断念しています。

ラグビーに情熱を傾けながらも、医学部進学への
気持ちも持ち続けていて今回の決断に至ったよう
です。

福岡選手がどこの医学部を目指すのか早速、週刊
誌が書いています。それによると、もともと強い
思い入れのある筑波大学が候補として挙げられて
います、筑波大学は編入学試験もあるので一般と
編入の両方で目指すのではないか、としています。

もう1校、名前が挙がっているのは順天堂大学で
す。「大学の関係者が日本医師会の幹部を通じ、福
岡の父親に熱心にアプローチしているようです。」
と記事にはあります。

どこまで信ぴょう性があるのか分かりませんが、
福岡選手が医師への強い気持ちを持っていること
は間違いないようです。

*オンライン個別について詳しくはこちらから*

関連する投稿




ホーム > 医学部入試 | 医学部再受験 > ラグビー福岡選手が医学部受験へ

カレンダー
« 6 月 2020 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る