医学部入試への道しるべ!

ホーム > 医学部入試 > 医学部の地域枠は慎重に

医学部の地域枠は慎重に

河合塾が公表している私立医学部のボーダーライ
ン偏差値では、藤田医科大学の一般枠は65.0に
ランクされていますが、愛知県地域枠は67.5に
ランクされています。

一般的に医学部の地域枠の入試難易度は、一般枠
に比べ多少易しくなることはあっても、入試難易
度が一般枠を超えることは、まずありません。

地域枠は受験資格に「出身地制限」が付くことが
多く、誰もが受けられるわけではありません。ま
た、地域枠で入学すると卒業後9年程度の縛りが
ありますので、それを良しとしない受験生も少な
くありません。

こういったことから、地域枠は一般枠に比べチャ
ンスが大きいと考えていいでしょう。

ただし、必ず一般枠よりチャンスが大きいかとい
うと、そうとも言えません。その一つの例が藤田
医科大学の愛知県地域枠です。

藤田医科大学の愛知県地域枠は募集人員5名です。
ほとんどの医学部地域枠は、募集人員が少なくな
りますが募集人員が少ないことから、たまたま成
績上位者で定員が埋まってしまうことがあります。

特に大都市を抱える都道府県の地域枠では出願資
格を満たす地元の医学部受験生が多くいますので、
地域枠への出願者も多くなりがちです。東京慈恵
会医科大学、順天堂大学医学部、杏林大学医学部
の東京都地域枠は、その典型でしょう。

医学部の地域枠の入試難易度は一般的に、一般枠
と同等かやや易しいと考えていいと思いますが、
「必ずそうとは限らない」、ことも頭に入れて
おいてください。

*オンライン個別について詳しくはこちらから*

関連する投稿




ホーム > 医学部入試 > 医学部の地域枠は慎重に

カレンダー
« 6 月 2020 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る