医学部入試への道しるべ!

ホーム > 医学部入試 > 関西医科大学一般推薦でディベート廃止

関西医科大学一般推薦でディベート廃止

今朝の電車の中に、ノートを真剣に見ている高
校生が数名いました。同じ制服の高校生でした
ので今日、期末試験があったのかもしれません。

さて、関西の人気校の一つ、関西医科大学医学
部では、「特別枠」「地域枠」「一般枠」「特色選
抜」の4種類の推薦型選抜(推薦入試)を行い
ます。

募集人員は、4つの推薦型選抜を合わせて42
名と、大変多くなっています。

「特別枠」と「地域枠」には、卒業後の縛りが
ありますので、卒業後の条件をよく確認してく
ださい。なお、地域枠は募集人員5名の大阪府、
募集人員8名の静岡県、募集人員2名の新潟県
に分かれます。

「特色選抜」は英語型、国際型、科学型の3つ
の受験区分があります。それぞれに出願資格が
ありますが、受験資格を満たしていれば受験を
検討する価値はあると思います。

関西医科大学の一般枠学校推薦型選抜試験の
出願条件は、評定平均3.5以上の現役生・1浪
生ですから、出願可能な医学部受験生は多いと
思います。

試験科目は、適性能力試験(数理的問題・英文
問題を含む)と小論文、面接です。関西医科大
学の適性能力試験は数学、英語、理科の試験と
考えて下さい。

ただし、昨年は現代文も出題されました。ま
た、理科は生物が多く出題されています。適性
能力試験は、130分で70題を解きます。

昨年まで、関西医科大学一般推薦の受験者を悩
ませていたのが「ディベート」です。

多くの人数でやるため、ほとんど話さないで
終る恐れもありました。ディベートに向いてい
る受験生、向いていない受験生があったように
思います。

このディベートが、今年から個人面接に変更に
なりました。医学部の個人面接は、しっかり準
備すれば恐れることはありません。

ディベートがあることで、関西医科大学一般枠
学校推薦型選抜(推薦入試)の受験をためらう
必要は、今年から無くなりました。

ほぼ全ての私立医学部の学校推薦型選抜(推薦
入試)は合格した際には必ず入学することが条
件になっています。しかし、関西医科大学医学
部の一般枠学校推薦型選抜試験は、入学辞退が
可能です。

このこともありますので、関西医科大学が第一
志望校でなくても、一般枠の受験を考えてみて
もいいと思います。

なお、特色選抜試験も入学辞退が出来ます。

*オンライン個別について詳しくはこちらから*

関連する投稿




ホーム > 医学部入試 > 関西医科大学一般推薦でディベート廃止

カレンダー
« 7 月 2020 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る