医学部入試への道しるべ!

ホーム > 医学部入試 | 医学部推薦入試 > 東京女子医科大学一般は志願者減の見通し

東京女子医科大学一般は志願者減の見通し

明日は、東京女子医科大学学校推薦型選抜が
行われます。東京女子医科大学は、学費の大
幅値上げを発表しましたので、その影響が注
目されていました。

明日、行われる東京女子医科大学医学部学校
推薦型選抜(推薦入試)は、至誠と愛推薦、
指定校推薦、そして公募推薦(一般推薦)の
3つに分かれて行われます。

このうち、最も募集人員が多いのが一般推薦
(公募)の20名です。

昨年は、この東京女子医科大学一般推薦(公
募推薦)に97名が志願しました。志願倍率は
4.85倍でした。今年の志願者ですが、東京女
子医科大学から正式な発表はありませんが、
受験番号は60番台までのようです。昨年の
志願者に比べると4割程度減の大きな減少
です。

やはり、学費の値上げが志願者数に影響を及
ぼしたと考えていいと思います。

学校推薦型選抜の志願者数の減少から、東京
女子医科大学医学部の一般選抜(一般入試)
も志願者減が予想されます。

東京女子医科大学一般選抜の1次試験日は、
帝京大学医学部、獨協医科大学と1次試験日
が重なったこともあり、志願者はかなりの減
少になるのではないかと思われます。

志願者が増えれば、チャンスも増えますので、
東京女子医科大学一般選抜は今年の狙い目と
言えるかもしれません。

*オンライン個別について詳しくはこちらから*

関連する投稿




ホーム > 医学部入試 | 医学部推薦入試 > 東京女子医科大学一般は志願者減の見通し

カレンダー
« 11 月 2020 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る