医学部入試への道しるべ!

ホーム > 医学部入試 > 東邦大学医学部は数学での取りこぼしは許されない

東邦大学医学部は数学での取りこぼしは許されない

東邦大学医学部の配点は英語150点、数学100点、
理科2科目150点(1科目75点)と英語の配点が
高くなっています。

英語の配点が大きいため、東邦大学医学部に出願
する受験生は、英語に自信のある受験生が多くな
ります。英語の配点が大きいので、英語が重要な
のことは間違いありません。

しかし、英語に自信のある医学部受験生が多い
ため、合否を争う受験生は英語をしっかり解い
てくるでしょう。

そうなると、次に配点の大きい数学が重要に
なってきます。東邦大学医学部を受験する皆さ
んは、英語ばかりに気を取られることなく数学
の「東邦対策」もきっちりやってください。

東邦大学医学部の数学は、全範囲から満遍なく
出題されます。その中でも数列、ベクトル、三
角比、データの分析は毎年のように出題されて
います。

数学は10題が出題されますが、問題によって
難易度が異なります。10題の小問集合のような
感じですが、比較的解きやすい問題と解きにく
い問題が混在しています。

90分の試験時間を上手く使ってください。

なお、東邦大学医学部では各科目に基準点を
設けています。具体的な基準点は分かりませ
んが基準点を下回ると、総合点で合格点を越
えていても不合格となってしまいます。

なお、東邦大学医学部の昨年の正規合格者の
最低点は400点満点の269点でした。得点率
67.25%ですので、一つの目安と考えてくださ
い。繰り上げ合格者まで含めると、ここから
若干下がるでしょう。

なお、東邦大学医学部の1次試験では独特の
「基礎学力」も行われます。

2次試験の合否判定の際に使われるものですが、
1次試験で終えてしまいますので基礎学力の
準備も欠かせません。

東邦大学医学部では、総合入試(AO入試)を
今年度から始めました。ここでも、「基礎学力」
が課されましたが、これまで一般入試で出題さ
れていた「基礎学力」と大きな変化はありま
せんでした。今年度の一般選抜でも「基礎学
力」に大きな変化は無いと思います。

ちなみに私が直接担当する生徒2名が東邦大
学医学部総合入試に合格しましたが、基礎学
力対策も上手く仕上げていました。

なお、東邦大学医学部では、新型コロナウイ
ルスへの対応として、追試験も実施すること
を発表しています。追試験は2月15日(月)
が1次試験日になります。

*オンライン個別について詳しくはこちらから*

関連する投稿




ホーム > 医学部入試 > 東邦大学医学部は数学での取りこぼしは許されない

カレンダー
« 1 月 2021 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る