医学部入試への道しるべ!

ホーム > 医学部入試 > 国公立と私立の医学部併願者は12月で結果が変わる

国公立と私立の医学部併願者は12月で結果が変わる

私立医学部の推薦・AOもほぼ終わりました。既に
合格発表も進んでいます。いよいよ、医学部入試の
本番、一般選抜に向かいます。

私立医学部だけを受ける私立医学部専願の医学部受
験生は、私立医学部対策に集中すればいいので迷い
はないでしょう。共通テスト利用入試に出願すると
しても、やはりメインは、私立医学部対策です。

国公立医学部だけを受験する国公立医学部専願の皆
さんは、12月は共通テスト対策に力を入れなくては
なりません。やるべきことは明確です。

問題は、国公立私立併願の医学部受験生です。
12月は私立医学部対策に力を入れるのか、それと
も共通テスト対策に力を入れるのか、悩ましいとこ
ろです。もちろん、国公立2次対策も手を抜けませ
ん。

私立併願とは言え、国公立医学部を志望していれば
12月は、やはり共通テスト対策をやりたいでしょう。
それが功を奏して、共通テストで予定通りの得点と
なればいいのですが、共通テストで思うような点が
取れない場合もあります。

共通テストが終わって2日後には、私立医学部入試
が始まります。共通テストに集中していれば、私立
専願の受験生に比べて出遅れは否めません。

問題文が長く、問題を理解することに苦労する問題
も出題される共通テストの感覚と私立医学部入試の
感覚は、かなり異なります。

国公立と私立の医学部併願者が、学力的には優位に
ありながら「惨敗」といった結果になることが少な
くありません。その理由の一つが、12月の勉強の進
め方にあります。何を優先すべきか、自分の状況を
踏まえてしっかり考えてください。

*オンライン個別について詳しくはこちらから*

関連する投稿




ホーム > 医学部入試 > 国公立と私立の医学部併願者は12月で結果が変わる

カレンダー
« 12 月 2021 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る