医学部入試への道しるべ!

ホーム > 医学部入試 > 金沢医科大学のグループ討論はコツもある

金沢医科大学のグループ討論はコツもある

募集人員65名の金沢医科大学一般前期の1次試験
合格者が発表になりました。今日、発表された1次
試験合格者は497名で、この時点での倍率は7.6倍
となります。

金沢医科大学医学部一般前期での合格までは、1次
試験に合格したと言っても、まだ少し距離が残って
いる状況です。

金沢医科大学の2次試験では、小論文と面接が行わ
れます。金沢医科大学の小論文には60点の配点が
ついています。また、金沢医科大学の面接の配点は
調査書等を含んで110点と、配点100点の英語や
数学以上の配点がついています。

金沢医科大学医学部入試で、1次試験合格となった
受験生の皆さんは出来る限りの2次試験対策をして
下さい。

金沢医科大学の小論文は、与えられた文章の200字
要約が求められます。要約の練習は欠かせませんが
200字で要約する練習をしてください。

金沢医科大学の面接は、独特の進行のグループ討論
になります。他にはない独特のグループ討論になり
ますので、出来れば「金沢医科大学のグループ討論
対策」を行うといいでしょう。

金沢医科大学のグループ討論は独特の進行で行われ
ますので「コツ」もあります。

いくつかの予備校で金沢医科大学グループ討論対策
をやっていると思いますので、そういったものを利
用するのもいいと思います。

メルリックス学院の渋谷本校でも、2月11日(金)
の13時半から17時半の予定で金沢医科大学2次
試験対策講座を行います。小論文とグループ討論
の両方を行います。

詳しくは、メルリックス学院のサイトまたは
電話でお問合せ下さい。

電話 03-5428-2141

*オンライン個別について詳しくはこちらから*

関連する投稿




ホーム > 医学部入試 > 金沢医科大学のグループ討論はコツもある

カレンダー
« 2 月 2022 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る