医学部入試への道しるべ!

ホーム > 医学部入試 > 金沢医科大学一般前期の志願者は前年の1.5倍に

金沢医科大学一般前期の志願者は前年の1.5倍に

金沢医科大学医学部が2022年度入試の結果を公表
しました。一般選抜前期・後期は補欠者数(繰り上
げ合格候補者数)と繰り上げ合格者数も公表されて
います。

また、総合型選抜、学校推薦型選抜についても入試
結果が公表されています。

金沢医科大学医学部一般前期の志願者は、募集人員
65名に対し3914名で、前年に比べ1433名増加し
ました。前年比は157.8%で、志願倍率は60.2倍
となりました。

金沢医科大学医学部一般前期の志願者が大きく増え
たのは、1次試験日を従来の1日から2日間にした
ことが大きな要因です。2日とも受験することも可
能ですので当然、志願者は増えます。

とは言え、2倍にまでは増えていません。

これは、前年の1次試験日は他の医学部1次試験
との重複は無かったのに対し、今年2022年度の
1次試験日は、1日目は順天堂大学医学部、東海
大学医学部の1次試験と重なり、2日目は昭和大
学医学部と1次試験日が重複したことからです。

全国5か所の試験会場別の志願者数も公表されて
います。最も多いのは東京試験会場で2291名が
東京会場で申し込んでいます。2番目は651名の
大阪会場ですが、東京会場とはかなり差がありま
す。さらに福岡会場、名古屋会場、本学会場と続
きます。

一般選抜前期の1次試験合格者は497名、2次試
験を終えての正規合格者は98名でした。98名の
正規合格者に加え、補欠者(繰り上げ合格候補者)
が216名で、その中からの繰り上げ合格者は63名
でした。正規合格者に繰り上げ合格者を加えた総
合格者は161名で、募集人員65名の2.5倍ほどの
合格者を出しています。

1次試験の合格最高点は350点満点の252.4点、
合格最低点は201.5点で、得点率57.6%でした。
ちなみに、全受験者の平均点は175.1点で合格最
低点との差は26.4点でした。

*オンライン個別について詳しくはこちらから*

関連する投稿




ホーム > 医学部入試 > 金沢医科大学一般前期の志願者は前年の1.5倍に

カレンダー
« 4 月 2022 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る