医学部入試への道しるべ!

ホーム > 医学部入試 | 歯学部入試 > 解けるはずなのに解けない問題を模試で見つける

解けるはずなのに解けない問題を模試で見つける

昨日に続いて「模試を受ける意味について」です。
模試を受ける意味の2つ目は「自分では解けると
思っていたのに実際には解けない問題を見つける」
ことです。

模試を受けると、自分では完璧に覚えたと思って
いたことが出て来なかったり、「これは楽勝」と
思って解き始めたら途中で「あれっ?ここから
どうするんだ?」と思ったりすることがあると
思います。

こういった「覚えたはずなのに出て来ない」「解
けるはずなのに解けない」といったことは、普段
の勉強では見つけることが出来ません。模試で、
実際に問題を解くからこそ分かることです。

こういったことが医学部入試、歯学部入試を受け
ている時に出てくると悲惨です。しかし、模試を
受ける中で分かれば医学部受験、歯学部受験の時
は問題なく解けるはずです。

模試は、いい成績を取るために受けるのではあり
ません。英検などを取得していると医学部受験、
歯学部受験で有利になることがありますが、模試
でいい成績を取ったとしても実際の医学部受験、
歯学部受験で有利になることはありません。

模試を受けることで、自分では出来るつもりのこ
とで、「やってみたら出来ない」ことを見つけて
下さい。

模試を受けて、そういったことを発見したら「よ
かった」と思って下さい。

*オンライン個別について詳しくはこちらから*

関連する投稿




ホーム > 医学部入試 | 歯学部入試 > 解けるはずなのに解けない問題を模試で見つける

カレンダー
« 8 月 2022 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る