医学部入試への道しるべ!

ホーム > 医学部入試 | 歯学部入試 > 共通テストの志願者は約1万8千人の減少

共通テストの志願者は約1万8千人の減少

独立行政法人大学入試センターが、来年1月の大学
入学共通テストの志願者数を発表しました。共通テ
ストの志願者は、前年を17786人、3.4%下回
りました。

2023年度の共通テスト志願者は512581人
で、このうち現役生は436873人と志願者全体
の85.2%が現役生でした。共通テスト志願者のうち、
現役生が占める割合は昨年から0.5%増えました。
それでも共通テスト現役生志願者は、前年に比べ
12496人の減少です。

これは、高等学校卒業見込み者数が減少しているこ
とが、大きな要因です。ちなみに、高等学校卒業見
込み者のうち共通テストに出願した者の割合は、前
年と同じ45.1%でした。

浪人生(既卒者)の志願者は71642人で、全年
に比べ5143人減っています。大学受験生の現役
志向が見て取れます。

大学入学共通テストを利用する大学は、国立大学82
校、公立大学94校、私立大学535校、合計711
校となっています。

ほぼ全ての大学が、何らかの学部で共通テストを利用
していますが、岩手医科大学医学部、東邦大学医学部、
兵庫医科大学医学部、久留米大学医学部など私立医学
部受験では、共通テストを利用しない大学も少なくあ
りません。

私立歯学部受験では、奥羽大学歯学部を除く16歯学
部で共通テストを利用します。

*オンライン個別について詳しくはこちらから*

関連する投稿




ホーム > 医学部入試 | 歯学部入試 > 共通テストの志願者は約1万8千人の減少

カレンダー
« 12 月 2022 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る