医学部入試への道しるべ!

お知らせ

◇◆◇ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします◇◆◇

ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします

◇◆◇私が勤務する予備校です◇◆◇

メルリックス学院

◇◆◇メルリックスの化学科・小枝守先生の授業動画を配信中◇◆◇

ホーム

医学部・歯学部合格請負人のブログ

俺の面接は厳しいぞ!!

東海大学医学部編入学試験
個人面接の練習が連日続いています。

今日も30分刻みで9人の練習を行います。

個人面接の練習では受験生本人は
「これでいい」と思って答えてくれるのですが、
私はあいまいさを許しません。

特に医学部志望理由、言葉を変えれば

「なぜ、今さら医者なの?」

という質問への答はしっかりしたものを求めます。

続きを読む

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

東海大学医学部編入学 2次試験対策

このところ私のスケジュールがキツくなっています。
10月は土日も、ずっと目一杯でスケジュールが
埋っています。

推薦入試が近づいてきたこともありますが、
今は東海大学医学部編入学試験2次対策
続いています。

続きを読む

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

東海大学医学部編入学試験 1次合格発表

医学部再受験生にとって、
ひとつの大きなチャンスである
東海大学医学部編入学試験
1次合格の発表が今日ありました。
結果は全て本人宛に郵送されるので、
まだ結果を見ていない受験生もいるかもしれないですね。

東海大学からは医学部編入学試験の
今年の志願者数、合格者数などは
一切発表されていませんが、
志願者数はメルリックス調査では
611名です。

続きを読む

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

金沢医科大学医学部編入学試験

金沢医科大学医学部AO入試の1次試験に
3名の生徒さんが合格されたことを書きましたが、
実は今年の合格第一号は
金沢医科大学医学部編入学試験に合格された
29才の方です。

続きを読む

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

金沢医科大学医学部AO入試 1次合格発表

9月24日(木)に金沢医科大学医学部
AO入試1次試験の合格発表があり、
39名の方が1次試験に合格されました。

メルリックスからは3名の生徒さんが
1次試験を突破してくれました。

しかし、医学部AO入試の定員は約10名で
去年の最終的な合格者は11名でしたから、
まだ医学部合格まで4倍に絞られたところです。

早速、3名の方には集まっていただき、
2次のグループ討論対策を行いました。
金沢医科大学医学部のグループ討論は
推薦入試一般入試も同じやり方ですので
こちらも十分にポイントは分っています。

一言で言えば

「金沢医大のグループ討論は、討論が始まる前が勝負!!」

です。

グループ討論が始まる前に何をしておくのかが
大きなポイントになります。

2回目、3回目のグループ討論対策に向けて
資料を準備しているところです。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

私立医歯学部受験攻略ガイドと傾向&対策

医学部受験生歯学部受験生の皆さんにとってバイブル的存在の
『私立医歯学部  受験攻略ガイド  2010年度版』
『私立医歯学部  傾向&対策  2010年度版』の原稿が
やっと手を離れました。

続きを読む

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

日本医科大学千葉北総病院のドクターヘリ

水曜日の夜10時から放映されている
NHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』という番組で
日本医科大学千葉北総病院救命救急医が取り上げられていました。

千葉北総病院はドクターヘリが設置されていて、
この番組で取り上げられていた医師は
ドクターヘリでの出動回数日本一だそうです。

番組では実際の救急の現場をいくつか見ることができましたが、
まさに生きるか死ぬかの1秒を争う
ギリギリの厳しい場面の連続でした。

そこをなんとしても乗り越えようとする救急チームの
純粋な使命感は胸に迫るものがあります。

日本の医療はこういう人達に支えられているんですね。
医学部受験生ならぜひ見ておいてほしい番組です。

ちなみに再放送も予定されているようです。
医学部受験は長い戦いです。
自分のモチベーションを上げるためにも見ておいてほしいですね。

ちなみにメルリックス学院では、
小論文の時間にこの番組を題材として使えないかと考えています。
著作権の問題さえなければ、ぜひ生徒達に見せて
考えてもらいたいと思っています。

ところで日本医科大学を含め医学部に進学した卒業生達の
何人かは救命救急チームの一員となってくれるのでしょうか。
救急に限らず「多くの人を救うんだ!!」
という強い使命感を持った医師が
メルリックスの卒業生から育ってくれたらうれしい限りです。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

藤田保健衛生大学医学部の自己推薦書

朝日新聞出版から「医学部に入る2010」「Q&Aでわかる「いい歯医者」」
の2冊の本が相次いで出版されました。

いずれの本にも私のコメントが載っています。
今年1月に出た「プレジデントFamily(ファミリー)1月号」ほど
たくさんコメントが載っているわけではありませんが、
まあ立ち読みでもして下さい。

さて、藤田保健衛生大学医学部推薦入試
再受験生に求められる自己推薦書ですが、
皆さん何を書いたらいいのかとまどっていらっしゃるようです。

入試要項にも具体的な指示がないので
書きにくいのでしょう。

医学部志望理由や藤田保健衛生大学医学部の志望理由に
終始している自己推薦書をよく見ますが、
志望理由が求められているわけではありません。

あくまで「自己推薦書」です。

では、ここでは何を書くべきでしょう。

書くことはふたつ。

ひとつは「自分は医師に向いている」ということ。

もうひとつは「医学部の勉強に十分ついていける」ということ。

もう少し具体的に言うと
「自分はこれまでこんな経験をしてこんなことを学んだ。
これは医師にとって大変重要な資質のひとつだ。
また、こんなことも身につけている。
だから自分は医師を目指すにふさわしい」
「医学部の勉強は厳しいと聞いているが、
自分はこんな人間だから問題なく医学部の学習を消化できる」
「以上のようなことから、
自分は貴学医学部で学ぶにふさわしい人物だと考える」

だいたいこんな感じです。
この中に医学部志望理由や藤田保健衛生大学医学部の志望理由が
入ってきてもいいですね。
自己推薦書とは「自分はこんな人間だから、貴学医学部に推薦します」
ということを書くことが大切です。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

藤田保健衛生大学医学部の推薦入試(1)

以前このブログでも書きましたように
藤田保健衛生大学医学部推薦入試
日本国内の4年制大学を2年以上履修し、
(見込も可)
医学部を志望する者が受験資格を得ることができます。
(※詳しくは入試要項をご覧下さい)

8月21日(金)医学部編入学試験と藤田保健衛生大学医学部の推薦入試

このいわゆる再受験生
藤田保健衛生大学医学部の推薦入試を受験する際には
800字以上1200字以内の自己推薦書を提出しなければ
なりません。

医学部再受験生の皆さんは
この自己推薦書に苦労しているようですね。

まず「何を書いたらいいのかが分らない」
という声をよく聞きます。
メルリックスの生徒からも同じことを聞きます。

毎年、何人かの自己推薦書を添削しますが、
自己推薦書のはずが志望理由書になっているケースが
多くあります。

要求されているのは自己推薦書であって
志望理由書ではありません。
医学部受験を決意した理由や
藤田保健衛生大学を志望する理由を
延々と書く必要はありません。

では何を書けばいいのか。
次回はその話を。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

獨協医科大学医学部AO入試

獨協医科大学医学部AO入試
1次試験の合格発表がありました。

1次合格は去年と同じ20名で
メルリックスからは2名が合格していました。
(去年の1次は書類審査のみ)

出願条件がいわゆる再受験生に限られているAO入試で
次の2次試験では、ワークショップ4回の面接
課せられます。

去年合格された方からの報告をもとに、
2次試験までの間、最終合格への道を探っていきます。

ポイントは4回に渡って行われる面接です。

面接を4回繰り返すことで、
徹底的に受験生を見つめていきます。

再受験生を対象とした医学部入試ですから、
当然面接で要求されるレベルも高くなります。

大学の理事長学長も面接に参加します。

「なぜ今になって医学部を目指すのか」
「なぜ獨協医科大学なのか」
「これまでのキャリアを今後どう活かすつもりか」

などの質問に対する準備をしっかりしておくことが
欠かせません。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

ホーム

カレンダー
« 10 月 2017 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る