医学部入試への道しるべ!

お知らせ

◇◆◇ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします◇◆◇

ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします

◇◆◇私が勤務する予備校です◇◆◇

メルリックス学院

◇◆◇メルリックスの化学科・小枝守先生の授業動画を配信中◇◆◇

ホーム

医学部・歯学部合格請負人のブログ

医学部で現役に有利な大学は?

医学部受験歯学部受験専門予備校をやっていると、毎日、
全国の医学部受験生歯学部受験生、そして保護者の方から
お問い合わせをたくさんいただきます。
その中で多いご質問が、

「医学部のなかで多浪生でも大丈夫な大学は?」とか
現役に有利な大学は?」というお問い合わせです。

答えを先に言えば、
私立医学部で多浪生が多少なりとも厳しいかなと感じるのは、
慶應と順天の2校です。
その他の大学は気にしなくてもいいと思います。
この件に関しては機会を改めて詳しくお話し致します。

今回は「医学部で現役に有利な大学は?」というテーマなので、それに関して言うと、
例えば北里大学について、
「北里医学部は現役有利」と考えている医学部受験生が少なくないのに驚かされます。
確かに、メルリックス学院が毎年10月に発行する「私立医歯学部 受験攻略ガイド」
北里大学医学部の3ページ目を見ると入学者のデータがあり、
現役が53名で、入学者の48.6%が現役生となっています。
慈恵会(慈恵医大)では現役が34名で33%ですから、
「北里大学の医学部は入学者の半数が現役だから、やっぱり北里医学部、現役有利」
と考えるのも分かる気がします。

ところが、もう一歩踏み込んで考えて下さい。
北里大学医学部は、現役生に限った指定校推薦入試25名が入学しています。
この人達を差し引くと、現役での入学者は28名です。慈恵会よりむしろ少なくなります。

つまり、
「確かに北里医学部の入学者の半数は現役だが、
それは推薦入試で現役25名が入学しているから」です。
これでは一般入試で「現役有利=浪人不利」と考えることには無理があります。

次回は更にこの話を進めます。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

国家試験合格率のどこを見るか?

さて情報について話をすると長くなるのですが、
今回は「情報を読み解く」ことについてお話しします。
医学部受験生歯学部受験生もそれぞれ、
医師国家試験歯科医師国家試験合格率を気にしています。
合格率を気にすることはいいのですが、国試合格率のどこを見ていますか?

新聞などで発表されるのは、大学全体の合格率だけです。
もちろん、それも大切ですが実は厚生労働省からは
新卒既卒(国試浪人)に分けて人数とともに発表されています。

メルリックス学院が毎年6月に発行する「私立医歯学部入試総括」には
掲載されていますが、見るべきは新卒の人数と合格率です。
新卒の国試受験者の数を見ることで留年や卒業延期などの様子をうかがい知ることができます。

つまり定員100名の大学で新卒受験者が120名であれば、
「けっこう留年組がたまっていたんだな」と考えられますし、
90名であれば「留年が多いのかな」と見ることができます。

もちろん、単年度ではなく複数年度を見た方がいいのですが、
単年度でもいいでしょう。
次に新卒の合格率を見て下さい。
例えば、今年の医師国家試験(第103回)で言えば、新卒全体の合格率は94.8%です。

これに対し既卒(国試浪人)の合格率は54.3%です。

京都大学に至っては既卒の合格率は0%です。

つまり、既卒の国試合格率は、本人の能力や大学の教育体制ももちろんですが、
本人の意欲がとりわけ大きいと言うことです。
ですから、既卒を含めた大学全体の合格率だけを見て判断することは
避けてもらいたいものです。

今年の東大の既卒の合格率は75%です。

これに対して山形大学の既卒の合格率は33%です。

これを見て、さすが東大と考えていいのでしょうか。

実は東大の既卒受験者は8名です。
今年の新卒も8名が不合格です。
一方、山形大学の既卒受験者は3名で、今年の新卒の不合格者も3名でした。

これをどう考えるかです。
新卒で3名しか不合格を出さないところを重視するのか、
既卒で75%の合格率を重視するのか、
それはそれぞれの考えでいいと思いますが、
ここを全く見ていないうえでの判断はどうかなと思います。

ちなみに東大の新卒合格率は全体の合格率を下回っているのですね。
東大理III受験者のなかには、「医師になりたい」という気持ち以上に
「日本で一番の難関を突破したい」という理由で受験する受験生もいるようですね。

2009年(第103回)医師国家試験合格率
大学名 総数 新卒 既卒
受験者
合格者
合格率
受験者
合格者
合格率
受験者
合格者
合格率
山形大学 101 96 95.0 98 95 96.9 3 1 33.3
東京大学 112 102 91.1 104 96 92.3 8 6 75.0
京都大学 107 96 89.7 99 96 97.0 8 0 0.0
総合計 8,428 7,668 91.0 7,629 7,234 94.8 799 434 54.3
※総合計=全大学医学部合計+認定および予備試験  

次は「情報を読み解く」のパート2で、医学部・歯学部で「現役に有利な大学は?」です。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

情報について・私立医歯学部入試とは

まず皆さんにお伝えしたいことは医学部・歯学部入試の情報についてです。

私が医学部、歯学部受験生とともに日々合格を目指している予備校、
メルリックス学院には、毎日たくさんのお問い合わせをいただきます。
みなさん情報に飢えているのだと感じます。

医歯専門予備校  メルリックス学院

医学部入試歯学部入試、それも私立大学の医学部・歯学部となると、
受験生の数はそう多くはありません。
従って、高校の先生に聞いても、私立医学部や歯学部入試についてはよく分からない。
塾や予備校に聞いてもやはり同じという状況のようです。

いわゆる大手予備校というところも、どうしても医学部・歯学部と言っても、
国公立に目が向いているうえに、担当者が人事異動などで変わるため、
本当のところはよく分からないのが現実のようです。
大手予備校と言われるところも、私達メルリックス学院が発行する
「私立医歯学部受験攻略ガイド(通称:メル本)」に頼らざるを得ないようで、
受験生からよく「スタッフがメル本見て答えてましたよ」と聞きます。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

ご挨拶

初めまして。渋谷の私立医学部歯学部受験のための予備校
学院長をやっております田尻と申します。

毎年、数多くの医学部受験生歯学部受験生と接してきて、
また全国からのお問い合わせにお答えしてきて、
いろいろと思うところがあります。
特に医学部入試は全ての大学入試のなかで突出して厳しい入試だと思いますが、
受験生はみんなどうしたらいいのか分からず、
不安と戦いながら結局、遠回りをしているように思います。
これまでも別のブログで医学部受験生、歯学部受験生、
そして保護者の方々のお問い合わせにお答えしてきましたが、
気分一新で新しいこのブログで医学部受験、歯学部受験合格のためのアドバイスを
お伝えしてきたいと考えております。

尚、以前のブログの記事も書いた日付で載せてありますので、
よろしければご覧下さい。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

車椅子の生徒さん

5月の下旬、
メルリックスに車椅子の生徒さんが入学してくれました。
真面目で意欲もしっかりしていて、
よく頑張ってくれています。

手術をした関係で、今は車椅子が必要です。
教室からトイレに行く位の距離は、歩けるのですが
それ以上の距離は車椅子が必要になります。

最初のうちはご家族が、朝付き添って来られていました。
ご家族の方の仕事の関係で、
「朝7時にはメルリックスに着いていたい」とのことでした。

初日は、ご家族の方とお打ち合わせもあるので、
私が7時までにメルリックスに来ていればいいと思っていたのですが
朝メルリックスに来てみると、もうスタッフが来ていました。

特に私が指示したわけではないのですが、
翌日からもスタッフが7時前に来ていました。

今は、9時位にメルリックスに来ているのですが
しばらくの間、スタッフ達は7時に迎えなければならないので
朝は大変だったと思います。

しかし、いつもより2時間早く来ることに、嫌な顔一つ見せず
当たり前の様に車椅子の生徒さんのお世話をしてくれました。

帰りは渋谷駅まで生徒さんを送って行って、
電車に乗せて戻ってきます。

嬉しいのは、メルリックスのスタッフ皆が、
私の指示が、あろうとなかろうとごく自然に
お世話をしてくれていることです。

メルリックスの
「生徒第一主義」が根付いていると感じられて、
嬉しく思っています。

実は最近、
「ペニンシュラのサービス=客への目配り、気配りを見てきて欲しい」と
スタッフ3人に、ペニンシュラに朝食を食べに行ってもらったのですが、
少しは役に立ったのかもしれません。

生徒全員が気持ちよく勉強に集中できるように、
私達も頑張らなければなりません。

ちなみに私達も学んだことがいくつかあります。

車椅子は坂では、登りより下りの方が大変。
ちょっとした段差も車椅子の強敵。
車椅子には、ほとんどの人が気を使ってくれる
特に、東急の駅員さんはとても親切。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

ゴールデンウィークも関係なく

メルリックスでは、
祝日は通常通り授業があります。
ですから、ゴールデンウィークといっても、
いつもと同じく勉強を続けます。

通学時の電車が空いていて、
生徒は楽に通学ができたようです。

この時期は、5月病という言葉があるように
新しい環境にも慣れ、
疲れを感じたり精神的に不安定になったりする時期でもあります。

このあたりから生活リズムが崩れたり、
モチベーションが下がったりする受験生が少なくないようです。
特に、ゴールデンウィークが休みだと、
怠け癖が顔を出したりすることもあるようです。

幸い、生徒達は変わらぬ意欲で頑張ってくれています。

これまでですと授業後の自習は、
自分たちの教室で行う人が多かったのですが
今年は、自習室が例年になく利用されています。

生徒が、自分が一番勉強しやすいところを
自分なりに考えているからだと思います。

ところで、奈良県の再受験生の方から、
励ましのメールをいただきました。
ありがたいことです。感謝いたします。

メルリックスから今年の4月も、
20人以上の再受験の方が医学部に進学されました。

ある大学の歯学部を卒業された方がお二人、
浪人生と一緒に勉強され二人とも医学部に入学されました。

そうしたところ、その大学の歯学部卒業生が、
今年もお二人メルリックスに来てくれました。

40歳を越えた主婦の方も、
20歳以上年の離れた生徒達と一緒に頑張ってくれています。

再受験生というだけで、
受け入れてくれない予備校もあると聞きます。
しかし、再受験の方は
普通の受験生以上に強い意欲を持って頑張ります。

そんな受験生を応援したくなるのは、当然です。

そんな雰囲気があるから再受験の方が頼ってくださるのでしょうか。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

1週間が過ぎて

2009年度の開講から1週間が過ぎました。
生徒達は、落ち着いて勉強に取り組んでくれているようです。

先週は、生徒と3回昼食をともにしました。

やはり、早く過度の緊張を解いてもらいたいと考えて、
お昼を一緒しました。

1回は3浪生3人と、次は女子6人と、
もう1回は兄弟での二人暮らしを始めた2人とでした。

今週は、4月の個人面談があります。
今週いっぱいをかけて、
一人ひとりと話していきます。

去年の反省点や1週間を終えての感想、
これからの抱負や目標などについて話す予定です。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

朝7時からの自習

昨日から、
メルリックスの新年度の授業が始まりました。
また、それぞれの志望校合格への戦いが始まります。
これから、一緒にゴールを目指します。

昨日は、朝の7時から自習をしたいと言う生徒がいたので、
朝7時にはメルリックスに来るようにしました。

メルリックスでは、朝は8時半に職員が出勤します。
ですから本来は、自習が出来るのは8時半からと
なりますが、掃除が6時くらいから入っているので
掃除のおばちゃんに顔を覚えてもらえれば、
早い時間から自習することができます。

昨日も朝7時に二人の生徒が来ましたので、
掃除のおばちゃんに、二人を紹介して
明日から掃除中でも中に入れてもらえるように、
お願いしました。

今日も朝から自習をしていたようです。

「生徒のやる気を後押しするために、柔軟に対応する」
メルリックスの基本精神です。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

大学からのご相談

昨日、今日と、
ある大学から医学部入試について
ご相談がありました。

医学部受験生に近いところに、
いつもいるということでのご相談です。

「大学は、医学部は黙っていても受験生が集まってくると考えている」
と思うかもしれませんが、けっしてそうではありません。

「多くの受験生に受験してもらいたい」と考えると同時に
「優秀な受験生をとりたい」とも考えています。

いくつか資料を取りまとめ、その大学宛に送りました。

受験生にとって、うれしい変化につながればと思っています。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

入試は団体戦

今年、合格された方達を見ていて、
入試はつくづく団体戦だと思います。

1年を通して、
いいライバル、いい仲間がいることは
大きいと思います。

メルリックスは、
基本的に8人以下のクラス編成ですが
クラス数が多いので、
クラスの中の学力差がありません。

同じくらいの学力の人が、
同じ目標に向かうことで
クラスの団結力が自然と出ます。
「みんなで医学部に行くんだ!」という雰囲気が
どれほど支えになるのか、生徒達を見ていて思います。

1年を通じてモチベーションを維持することは難しいことです。
それぞれが、お互いを励ましあうことで
1年を乗り切ることができるのです。

「他人の合格を、自分の合格のように喜ぶことができる」
そんな仲間がいる人は強いと思います。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

ホーム

カレンダー
« 11 月 2017 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る