医学部入試への道しるべ!

お知らせ

◇◆◇ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします◇◆◇

ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします

◇◆◇私が勤務する予備校です◇◆◇

メルリックス学院

◇◆◇メルリックスの化学科・小枝守先生の授業動画を配信中◇◆◇

ホーム

医学部・歯学部合格請負人のブログ

医学部編入学試験と藤田保健衛生大学医学部の推薦入試

夏休みということで、連日医学部歯学部に進学した卒業生が
遊びに来てくれていますが、
昨日は東邦大学医学部に進学した卒業生と
鶴見大学歯学部に進学した卒業生がそれぞれ来てくれました。
医学部も歯学部も、1年生と言えど勉強は大変なようです。

メルリックスの卒業生の情報として、
藤田保健衛生大学医学部推薦入試で進学した再受験生の方が、
全国の医学部4年生が臨床実習をする前に受験する
医学部共用試験のCBTで全国1位となった」
と聞いて嬉しく思いました。

再受験生なのに推薦入試?

と思われた方もいらっしゃると思いますが、
藤田保健衛生大学の推薦入試は、再受験生にも受験資格があります。
2年以上大学に在籍した(見込も含む)40歳未満の方なら
誰でも受験することができます。

メルリックスからも毎年この試験で、
少なくとも1名は医学部に進学しています。

実は文系の方にもチャンスがあります。
藤田保健衛生大学の医学部推薦入試の試験科目は
英文問題数理的問題小論文面接です。

英文問題は英語で、数理的問題は数学です。
その数学ですが、数学Ⅰ・Ⅱから出題されます。
医学部受験生に負担の大きい数学Ⅲ・Cだけでなく、
数学A・数学Bからの出題もありません。

英語と数学Ⅰ・Ⅱと小論文と面接なら
文系出身の方にもチャンスが広がります。

しかし、医学部再受験生の方で、
この藤田保健衛生大学の医学部推薦入試についてご存知の方は
多くないんですね。

やはり医学部受験では情報力は大きなポイントです。

最近、医学部を再受験される方が多くて、
今年の4月はメルリックスから20名以上の再受験生の方が
医学部へ進学してくれました。

医学部再受験生の方は、それはもちろん2年次に編入学できればいいのですが、
編入学試験に絞ることはおすすめしていません。

医学部の編入学試験は、国公立医学部では試験内容も多岐に渡り
準備がなかなか大変です。

私立の医学部は7大学で編入学試験を行っていて、
更に獨協医科大学の医学部は再受験生のためのAO入試を行っています。

この中で今年度から行われる岩手医科大学の編入学試験を除くと、
医学部編入学試験を行う6大学のうち4大学は
実質的に一般入試を受験することになります。

純粋に医学部編入学試験と言えるのは、
東海大学医学部金沢医科大学医学部の2校だけです。

つまり、医学部受験を編入学試験に絞ると、
私立医学部では年2回、
獨協医科大学のAO入試を含めても
年3回のチャンスしかありません。

仕事を続けながらの医学部再受験であれば、
時間的な制約から編入学試験に絞らざるを得ないかもしれませんが、
受験勉強に時間が取れるのであれば、
一般入試も視野に入れた準備をおすすめしています。

医学部再受験生を見ていて私は「再受験生は強い」と感じます。

次回は医学部を目指す再受験生の心構えや
受験勉強の進め方などについてお話しします。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

東海大学医学部編入学試験

夏休みになると、メルリックス学院の卒業生達が、
なつかしがってメルリックスを訪ねてくれます。

昨日は岩手医科大学医学部に進学した2人と
獨協医科大学医学部の1人と
合計3人の卒業生が顔を出してくれました。

今日は、昨日とは別の岩手医科大学医学部に進学した卒業生が
来てくれました。

岩手医科大学の医学部には今年、メルリックスから
9人が進学したので、未だにみんな盛岡で仲良くやっているようです。

その岩手医科大学医学部に進学した9人のうち3人が
再受験生です。
やはり再受験生は強いですね。

ところで、その医学部再受験生にとって
最大と言ってもいいかもしれないターゲット、
東海大学医学部一般編入学試験が近づいてきました。

メルリックスからは昨年13名、一昨年17名の医学部再受験生が
このチャンスを活かし、東海大学医学部の2年次に
編入学してくれました。

この時期になってもお問い合わせが多く、
東海編入対策講座インターネット配信していることもあり、
現在でも講座のお申し込みをいただきます。

さて、この東海大学の編入学試験ですが、
昨年の英語は問題があまりいいとは言えないものでした。
この講座の英語を担当する講師は早稲田と慶応で教えているので、
大学の内部事情にも詳しく「入試問題を作り慣れていない人が
時間のない中で作ったんじゃないか」と言っていました。

問題は、今年の英語がどうなるかです。

適性試験の問題は複数の人間が問題を作っているので
大きく変化することは考えにくいのですが、
英語はガラッと変わることがあります。

実は昨年も英語の出題者は変わらないと聞いていたのですが、
何かの事情で直前で変わったようです。

今年は……正直、分らないです。
いろいろ探るのですが、うまくかわされています。

いずれにせよ、英語を早く読む力が必要です。
英字新聞がちょうどいいと思いますので、
英字新聞をとにかく毎日読んで下さい。

また、英語の自然科学系雑誌もいいですね。
ただ、医学部入試とは言っても
医学系の記事にこだわる必要はありません。
バランスよく、いろいろな記事にたくさん触れて下さい。
新聞も雑誌も日本語版が出ているものが
使いやすいでしょう。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

医学部の定員増について

私の勤めるメルリックス学院は、
私立医学部歯学部専門の予備校ですから、
当然、小論文・面接対策の一環として、
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、産経新聞、日本経済新聞の記事を
チェックして必要なものはスクラップしています。

続きを読む

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

金沢医科大学医学部AO入試の推薦人

医学部入試は一般入試だけではありません。
医学部入試にもいくつかの形態があって、
そのひとつにAO入試があります。

そのAO入試のひとつ、金沢医科大学医学部AO入試ですが、
様々な書類の提出を求められます。

その中のひとつに自己推薦書とは別に
2通の推薦書が求められます。

1通は父母など近親者が書くので大丈夫だと思いますが、
問題はもう1通の推薦書を誰が書くかです。

高校の先生にお願いすることが多いと思うのですが、
推薦書を書いていただく方とは
事前に十分な打合せが必要です。

自己推薦書と近親者が書く推薦書ともう一人が書く推薦書で
言っていることがバラバラなのはやはりおかしいですよね。

本当は推薦書を書いていただく方には
「こう書いてほしい」と伝える方が
書く方にとってもありがたいものです。
こうすることで3通の推薦書の内容が
統一性のあるものになります。

併せて、推薦書をお願いする方には、前回もお話ししたように
よく読んでいただいて金沢医科大学医学部の求める人物像を
理解していただくことが大切です。

どこを読むかは前回分をご覧下さい。

8月17日(月)金沢医科大学医学部AO入試の鍵は入試要項

 

さて、近親者以外のもう一人の推薦者には
推薦書を書くだけでなく、もうひとつ重要な役割があります。

それは、合否を左右しかねないとても大切な役割です。

金沢医科大学医学部のAO入試が1次試験に合格すると、
大学の医学部入試委員が、近親者ではない推薦者のところに
話を聞きにきます。

私もメルリックス学院の生徒の推薦書を書くことがありますが、
その際は私のところに金沢医科大学から「伺って話を聞きたい」
と連絡があります。

当日は私が推薦した受験生について、
金沢医科大学の入試委員から30分以上いろいろなことを
質問されます。

この時に推薦者は、推薦した人物についてよく分っていて推薦したこと、
本人が医師としてふさわしい資質を備えていること、
そして金沢医大の求める人物像に合致していることを
きちんと伝えることが必要です。

要は「彼(彼女)なら医学部に迎え入れても間違いないですよ」
ということを具体的な理由とともに伝えなければならないのです。

ですから、金沢医科大学医学部のAO入試で推薦書を依頼する際には
そこまで出来る人に依頼するか、きっちりとした打合せが必要なのです。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

金沢医科大学医学部AO入試の鍵は入試要項

AO入試は、厳しい医学部入試のひとつの大きなチャンスです。
医学部受験生なら一度は検討してほしいものです。

そのAO入試の実施大学、金沢医科大学医学部のAO入試は
出願に際し求められる書類が多く、
その中でも自己推薦書を書く際には
入試要項を見てまず、しっかり読むことが大切だとお話ししました。

さて、では医学部AO入試の入試要項のうち、
特に重要なところはどこでしょう。

金沢医科大学医学部のAO入試の入試要項のまず最初のページ、
「金沢医科大学医学部アドミッションポリシー」
しっかり読んで下さい。
ここには金沢医科大学医学部の入試に対する基本理念が
述べられています。

何が書かれているかは自分で確認してもらうとして、
ここには求める学生像として
3つの学生像が述べられています。

当然、自己推薦書を書く際、この学生像と自分を
ダブらせて書く必要があります。

これを無視して、自分の考えを好き勝手に書いても
入試委員の気持ちを動かすことはできません。

金沢医科大学医学部AO入試の1次試験は書類選考です。
入試委員が医学部志望者の出願書類を読んで、
2次の面接で会ってみようか、会ってみたいと思わせる
書類を提出する必要があります。

入試要項ではもう一点、ぜひ注意してほしいところが
あります。

まず趣旨を読んで下さい。
そして、出願資格及び出願要件の特に出願要件
見て下さい。

自己推薦書には、自分がこの出願要件のどれにあてはまるかを
明記することが求められています。
「明記」とあるのに添削のために自己推薦書を読むと、
どこに書いてあるのか分らないケースが
非常に多くあります。

更に「本学卒業後の展望とそのための在学中の勉強目標」
書くよう求められています。

それにもかかわらず志望理由を延々と書いてくる
医学部受験生が多く困ってしまいます。

金沢医科大学医学部AO入試の自己推薦書を書く際には
入試要項をよく読み、求められている内容の
自己推薦書を提出して下さい。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

金沢医科大学医学部AO入試

北海道は何を食べてもおいしいですね。
昨日は北海道でも果樹園の多い仁木、余市に行ってきました。

サクランボ、ぶどう、プルーン、プラム、桃、など
いろいろな果物がありました。
早生の青リンゴやメロン、とうきびなどもあって楽しめました。

アイスクリームもいろいろあって、
余市ワインアイスやメロンナイスなどがありましたが
私は余市ウニアイスを食べました。

これは……、もう一度、食べたいとは思いませんでした。

******

さて、厳しい厳しい医学部入試
志願倍率が10倍を超える学部がない中、
医学部全体の志願倍率が約22倍ですから、
医学部受験生は大変です。

そんな厳しい医学部入試を考える際に、
推薦入試もぜひ検討しようというところまでお話ししました。

今日は医学部推薦入試について詳しいお話を、と
思っていましたが、
医学部はAO入試もあって、そちらの方が先にありますので、
AO入試のお話を先にしましょう。
私立医学部でAO入試を実施しているのは、
獨協医科大学金沢医科大学の2校です。

今回は金沢医科大学医学部AO入試についてお話ししましょう。

金沢医科大学医学部のAO入試は
まず1次の書類選考が大きな壁です。

様々な提出書類を求められ、その提出書類が合否を決めます。

今回はたくさんある提出書類の中でも
医学部受験生が苦労する「自己推薦書」についてお話しします。

金沢医科大学医学部AO入試では、2000字程度の自己推薦書を
求められます。

メルリックスでは昨年、金沢医科大学医学部AO入試で2名が合格し、
金沢医科大学に進学しましたが、
この自己推薦書には時間がかかりました。

この自己推薦書の添削をしていて感じるのは、
医学部受験生が入試要項を読んでいないことです。

金沢医科大学医学部AO入試の入試要項をよく読まずに
自己推薦書を書くから、
大学の入試委員の先生が期待する自己推薦書から
全くズレた自己推薦書を書く医学部受験生が多いのです。

では、医学部AO入試の入試要項のどこを見るべきなのでしょうか。
答えは次回に。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

推薦入試と医学部

日本私立学校振興・共済事業団の調査を通して
現在の医学部入試の姿を見てきました。
 

日本私立学校・共済事業団の調査から医学部を見る

日本私立学校振興・共済事業団の調査から医学部の動向を見る

学部系統別動向・志願倍率編
 

医学部受験生にはうれしくない話ですが、
医学部入試は他の学部の入試に比べて
特別に厳しい入試だということが浮かび上がりました。

この日本私立学校振興・共済事業団の調査には
他にいろいろな報告があって、
そのひとつに推薦割合というデータがあります。

推薦割合とは入学者のうち推薦入試を経て
入学した学生の割合です。

このデータによれば、平成元年度の推薦割合は
29.8%でした。

私立大学では入学者の約3割が推薦入試からの
入学者だったということです。

これが最新の平成21年度では
46.1%になりました。

今や私立大学の入学者のほぼ半分が
推薦入試からの入学者です。

これは、定員を確保するために他大学に先がけて
とにかく早く入学者を確保したいという大学の意識が
強く働いています。

一般入試とは違う視点で入学者を選考するという
本来の推薦入試の趣旨とはズレてきました。

 

医学部も良き人材を確保したいという意識は持っています。
この点から、推薦入試を行っている大学もあります。
本当に厳しい医学部入試ですが、
医学部の推薦入試はひとつのチャンスですから、
ぜひ検討してもらいたいものです。

この推薦入試こそ「情報」が大きな力を発揮します。
医学部入試と情報については既に述べましたが、
医学部の推薦入試を何となく受験しないで済ます受験生は論外としても、
医学部の推薦入試は一度は本気で検討して下さい。

一般入試では医学部合格はまず無理だと思われる医学部受験生も
推薦入試で医学部に合格することは珍しくありません。 

医学部の推薦入試を次回から研究してみましょう。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

学部系統別動向・志願倍率編

今日の北海道は、まさにこの季節の北海道の
爽やかなイメージにぴったりの気持ちいい天気です。
青空がずいぶん高い感じがします。

 

******

 

さあ、日本私立学校振興・共済事業団の調査報告から
医学部の姿を見てみましょう。

全国570の私立大学の調査から
医学部入試の姿がくっきり浮かび上がります。

今日も医学部入試の特徴を見てみましょう。

今日は学部系統別志願倍率
医学部と他学部で比較してみます。

今春入試で大きく志願者を減らし、
定員割れとなった大学も少なくなかった
歯学部の倍率は2.6倍でした。

薬学部は6.6倍、看護などの保健系統学部は4.7倍でした。

いずれも10倍までにはなっていませんね。
文系学部を含め、医学部を除けばいずれの学部も
10倍未満です。

これに対し医学部の志願倍率はどうだったのでしょう。

医学部の志願倍率は21.5倍でした。

志願倍率が10倍を超える学部がない中、
唯一医学部だけが21.5倍と、
みんなが小高い丘にいるのに
一人だけ富士山の頂上にいる様な感じですね。

医学部受験生の皆さんにはうれしい話ではありませんが、
これが医学部入試の現実です。
これだけ厳しい医学部入試ですから、
周到な準備が必要なことは当然ですね。

メルリックスからは今春入試でも大検(高卒認定)生
福岡大学医学部に合格しています。

本人のやる気と正しい医学部対策があれば、
必ず医学部入試は突破できます。
医学部受験生の皆さん、勇気を持って前に進んで下さい。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

日本私立学校振興・共済事業団の調査から医学部の動向を見る

今日の北海道は全道的に雨で、札幌の最高気温の予想は20℃です。
東京は34℃だそうですから随分違うものですね。
昨日は地元の方から「暑いですね。暑いでしょ」と何度も言われました。
確かに28℃でしたから、暑いと言えば暑いのですが、
東京のジメジメした暑さとは暑さの質が違います。

さあ、今日も医学部について考えてみましょう。

 

*******

 

日本私立学校振興・共済事業団志願倍率の調査報告から、
医学部は志願倍率も特別に高いことが分りましたね。

これまで、医学部入試を様々な角度から見てきましたが、
志願倍率を見てもやはり、医学部は別格でした。

さて今回は、この事業団の調査報告に
学部系統別動向の調査がありますので、
これを少し詳しく見てみましょう。

ただ、この調査は学部別ですので、どうやら医学部の中に
看護学科があれば、それを含めた数値のようです。
とは言え、私立医学部で医学部に医学科以外の学科を併設している大学は
2大学ですので、大きな流れを見る分には問題ないでしょう。

この事業団の学部系統別の調査によれば、
理工学部の定員充足率は前年から4%下がって109%です。
農学部の定員充足率は119%獣医学部123%です。

つまり、入学定員をかなりオーバーして
入学させていることが分ります。
文系学部も同様です。

これに対して医学部はどうでしょう。
医学部の定員充足率は101%です。
つまり、かなり厳格に入学定員を守っているのです。

入学定員の増員を文部科学省から呼び掛けられたにも関わらず、
「教育の質が低下する」と定員増員を頑として拒んだ、
愛知医科大学のような大学も医学部の中にはあります。

大学経営上は、できるだけ多くの学生を入学させたいのは当然で、
他学部では現実に定員をかなりオーバーして入学させています。

しかし、医学部だけは頑なに入学定員を守っています。

「医師は国民共有の財産で、国民の期待に応えられる
質の高い医師を養成する」

という医学部教員の高い意識を感じます。

こんなところにも医学部の独自性が垣間見えますね。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

日本私立学校・共済事業団の調査から医学部を見る

先日、日本私立学校振興・共済事業団私学経営情報センターから
私立大学の入学志願動向が発表されました。

よく新聞などで

「私立大学の約半数が定員割れ」

などと報道されますが、そのデータはこの私学経営情報センターのものです。

今年は7月30日に私立大学の入学志願動向が発表され、
新聞各紙が一斉に

「ほぼ半数の私立大学が定員割れ。依然厳しい私大経営」

などと紙面に掲載しました。

ちなみに定員割れの大学は570校中265校でした。

日本私立学校振興・共済事業団の調査では、
入学定員充足率の他に、さまざまな調査結果が公表されています。

その調査結果には各大学の志願倍率の調査もあります。
それによれば、私立大学570校中、志願倍率9倍以上の大学は
前年より2校減ってわずかに73校しかありません。

私立医学部をずっと見続けている私にとって、
志願倍率で10倍以下はあり得ない数値です。
私立医学部の志願倍率は50倍を超えるケースもあります。

私立大学の大学別の志願倍率で一番多いのは、
1倍台で179校です。
1倍未満、つまり志願者自体が定員より少ない大学が65校あります。
ほぼ半数の大学が志願倍率で2倍までいかないということです。

ここでも大学入試全体の流れと医学部入試は別物だということがわかりますね。

******

今日から夏休みで北海道に来ています。
こちらは気温は30℃ぐらいまで上がることもあるものの、
湿度のせいもあるのか、東京とは空気が違います。
特に朝晩は涼しく感じるほどです。
夏休み中も、このブログは毎日更新していくつもりですので
よろしくお願いいたします。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

ホーム

カレンダー
« 7 月 2018 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る