医学部入試への道しるべ!

お知らせ

◇◆◇ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします◇◆◇

◇◆◇私が勤務する予備校です◇◆◇

メルリックス学院

◇◆◇メルリックスの化学科・小枝守先生の授業動画を配信中◇◆◇

ホーム

医学部・歯学部合格請負人のブログ

いよいよです。

19日、20日のセンター試験、
そして昨日22日の愛知医科大学といよいよ、
今年度の一般入試が始まりました。
今日は岩手医科です。

センター試験は、平均点が上がりそうです。
特に理系は、かなり上がりそうです。
900点満点で、文系で10点、理系で20点くらい
去年より上がりそうです。

と言うことは、
国公立医学部は強気の出願傾向になりそうです。
医学部を迷っていた受験生も
医学部に出願するケースが多くなりそうです。
歯学部も同様です。

私立はどうなるでしょう?

国公立併願の人は、受験校を絞ってきそうです。
とはいえ、難易度としては結局変わらないでしょう。
もともと、いくつ受かっても1校しか行けないわけですから。

まあ、ここまで来たら余計なことは気にしないことです。

特に親御さんが
倍率がどうか、難易度の変化があるのかなどいろいろ気にされると、
親の落ち着きのなさが子供に伝わり、
受験生本人が平静を保てなくなります。

実は、熱心な親御さんほど騒いでしまって、かえって
受験生の足をひっぱる傾向があります。

どうであろうと、受けることが決まっていれば粛々と受験すると
いいと思います。

今年度、1年間一緒に頑張ってきた生徒の顔を思い浮かべると
本当に、全員合格して欲しいと思います。

みんな頑張れ!!

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

お問い合わせ

入試が近づくにつれて、
お問い合わせが増えてきました。

今、多いのは、
「どこに出願したらいいのか」
と言うご質問です。

何校出願したらいいのか、
試験日が重なった大学のどっちを受けるべきか、
多浪生や再受験でも大丈夫なのはどこの大学か?
など様々なお問い合わせ、ご相談が目に付きます。

この時期のお問い合わせは、
時間的に余裕のないものが多いので、
我々も真剣勝負です。

先週末に2008年版の「医系小論文用語集」が刷り上ってきましたが
これも最新の情報をお伝えしようと
12月28日まで原稿を修正していました。

この時も毎日のニュースとにらめっこでした。
それでも間に合わないものは、
HPで掲載することにしました。

この用語集が受験生のお役に立つことを祈ってます。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

自己評価書

8日に東京女子医大の対策講座を行いました。
21名の方が参加してくれましたがその際、
自己評価書の書き方も説明しました。

この自己評価書は女子医独特のものでみんな
どう書いたらいいか、わからないようです。

よくあるのは、自己評価なのに、
志望理由を書いている受験生が少なくありません。

実は入試要項をよく読めば、
女子医側が書いて欲しいことが書いてあるのに、
みんなそこに気づいていません。

書いたら添削するので、
FAXして下さいと言ってあったので
早速、たくさん送られてきています。

直すところがないものから、
全部こちらで書き直さなくてはならないものまでいろいろですが、
待っている受験生のためにその日のうちにお返ししています。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

入試動向

1月4日からの合宿も昨日で終わり、
今日からは大学別対策講座です。
今日、明日は
岩手医科大学、東邦大学の医学部と
昭和大学の歯学部です。

この時期になると、
やはり生徒の顔付きも変わってきます。
入試直前ですから、当然ですね。

最新の入試動向ですが、
全統模試や進研模試で受験者が書いた志望大学の動向を見ると
医学部の志願者数は横ばいか
場合によってはほんの少し減るかもしれません。
しかし、成績上位層は、相変わらず減る気配をみせません。
個別の大学では、前年より志願者が減るところもあるでしょうが
成績上位層は減りません。
難易度としては結局変わらないでしょう。

歯学部ですが、こちらは志願者を減らしそうです。
大学によっては、難易度も下がるところもありそうです。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

いよいよ本番です

しばらく、更新できませんでした。
ごめんなさい。
この間、東海大学の医学部編入から始まり
推薦入試がずっと続いていました。

やはり目の前の入試に立ち向かう受験生を見れば
こちらも、一生懸命にならざるを得ません。

どうしても、土日に対策をやることになるので、
ずっと休みなしで、私達も頑張ってきました。

おかげで東海は15名合格と、
驚異的といっていい合格者をだすことができました。

合格者にはそれぞれ、ドラマがあります。
ドラマのほんのすこしでも共有できることは、うれしいことです。

その他の大学も
医学部推薦で
  岩手医科3名、
  愛知医科3名、
  北里6名など
歯学部も
  昭和5名、
  東歯2名など、
みんなよく頑張ってくれました。
ただ、女子医が5名だったので少し寂しく思いました。

さて、一般入試の出願ですが、
医学部は2次試験日も考えて出願しなくてはなりません。

生徒とは、やっと出願校の最終相談を終えることができました。

あとは、最後の詰めを頑張れ!

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

推薦入試が近づいてきました。

もうすぐ、10月ですね。
推薦入試がいよいよ現実味を帯びてきました。

推薦入試は大きなチャンスですからぜひ前向きに
考えてもらいたいところです。
毎年、一般入試ではとても無理と思われる受験生が
医学部や歯学部に合格します。

推薦入試のポイントは
試験内容にあった準備をすることです。
大学によって試験内容が全く異なるので、
受験校にあった準備が必要です。

小論文といっても東京医科や岩手医科のように
普通の小論文と違うものが出たりします。
東京医科といえばバウムテストもあります。

推薦入試は
過去問が公表されていないことがほとんどですから、
受験者の報告に頼ることになります。
今行っている高校や塾、予備校に聞いてみてください。

メルリックスは、まちがいなく医学部、歯学部の推薦入試で
日本一の合格者を出していると思います。
情報が不足していたら
メルリックスに頼るのもいいかもしれないですね。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

歯学部変更点

歯学部も来年度の入試情報がすべて入手できました。

来年度は変更点が多いのですが、
そのなかでも注目したいのが
まず、日程の変更です。

これまで2月1日に試験日が集中していていましたが、
東京歯科大学、神奈川歯科大学、朝日大学の3校が試験日を変更しました。
特に人気の高い東京歯科大学が2月2日を試験日とした影響をどう考えるか、
もう少し時間をかけて考えていく必要があります。

また、神奈川歯科大学も2月2日が試験日となったことで
同じ神奈川県の鶴見大学との併願が可能になりました。

その神奈川歯科大学ですが、
小論文と面接の配点が変更になっています。

また、昭和大学で2期の試験科目が変更になりました。
その他にも数々の変更点がありますが、
詳しくは、メルリックスのHPをご覧ください。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

入試変更点がまとまりました。

来年度入試の情報がまとまりました。

今年度との変更点がたくさんあります。
主な注目点は、
医学部では地域枠の導入があります。
正式には、文部科学省の認可を待ってになりますが
私立では岩手医科大学と自治医科大学が導入予定です。
出願条件にあう受験生には朗報ですね。

次に順天堂大学が学費を
6年間で880万円下げることになりました。
付属病院が好調で財政的にゆとりがあるからできることです。
いくつかの大学の方に感想をお聞きしましたが、
あまり歓迎されていないようです。
これ以上はここに書けません。
内実はいろいろあるようです。

問題はこれで、受験生がどう動くかです。
国公立併願者は増えるでしょう。
模試の動向などを見ながら今後慎重に考えていきます。

大阪医科大学が前後期制となりました。
後期はかなり高いレベルでの戦いとなるでしょう。

その他詳しいことは、
メルリックスのホームページをご覧ください。

また、日程も確定して日程上の狙い目もはっきりしました。

次回は歯学部についてお話します。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

合宿です。

今週は東京の晴海で1週間の合宿です。
ホテルの周りはコンビニくらいしかないところです。
ここなら集中して勉強に取り組めます。

初日の集合時間に、道に迷って遅れた人が一人いた他は
問題なく皆んな頑張ってくれています。

と思っていたら、なんと交代で今日から来るはずのスタッフが
道に迷ってしまったようです。
今、連絡がありました。

まあ、ちょっとしたことはいろいろあっても一人ひとりにとって
実りの多い合宿にしなくては。

ここで徹底的に自分を追い込んでもらいたい。
1週間という限られた時間だから、仲間と一緒だから
必ずできます。

昨日から早速、眠い人に眠気覚ましグッズを配りました。
一日中勉強で大変だろうけど頑張れ!
終わった時には、来てよかったと必ず思うから。

合宿という環境ではなく普段と同じ環境で
自分にガツンと負荷をかけるには、どうしたらいいでしょう。

自分をそうせざるを得ない状況におくことです。
皆んなに宣言するとか、
母親に訳を話してうるさく言ってもらうとかです。

友達と「かけ」のようなことをしてもいいでしょう。
それぞれ工夫してみてください。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

講演をしました。

先週は福岡で、昨日は札幌で、
私立医学部受験生向けに
講演をさせていただきました。

医歯学部を持つ20ほどの大学が集まって行われた進学説明会のなかで
「私立医学部合格の秘密」というテーマで
お話させていただきました。

福岡も札幌も、
受験生だけでなく親御さんにもたくさん来ていただきました。

お話していて思ったのは、
「やはり皆さん情報に飢えている」と
いうことでした。
とにかく熱心に聴いてくださいます。
確かに私立医学部入試は
大学入試全体から見ると少数派なので
高校も塾も予備校もあまり詳しくないのが実情でしょう。

私立医学部、歯学部の受験生そしてご家族の皆さん、
どんなことでもメルリックスにお問い合わせください。
皆さんのご質問に答えることで
私達も向上できると考えています。

どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

ホーム

カレンダー
« 11 月 2018 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る