医学部入試への道しるべ!

お知らせ

◇◆◇ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします◇◆◇

◇◆◇私が勤務する予備校です◇◆◇

メルリックス学院

◇◆◇メルリックスの化学科・小枝守先生の授業動画を配信中◇◆◇

ホーム

医学部・歯学部合格請負人のブログ

日医、順天、1次、2次

医学部の1次試験の合格発表が続き、
2次試験に向けて面接の練習がどっと来て、
てんてこ舞いです。

特に、岩手医科大学が538人、昭和大学が415人、
東邦大学が456人、聖マリアンナ医科大が446人
埼玉医科大学452人と1次合格者が多いところは大変です。

そこへ、2次試験の合格発表があり、
歯学部の合格発表もあって、
落ち着く暇もないところです。

「今年は、みんな1次試験を随分合格してくれるな~」
と喜んでいましたが、
2次の発表を見ると医学部の2次試験で正規合格するのは、
やはり厳しいと感じました。

しかし、帝京大学では一気に9人の正規合格が出て
ほっとしました。まだ報告のない人もいますので
10人以上は間違いないでしょう。

合格した全員を祝福したいのですが、そのなかでも
二人には特別の喜びを感じています。

一人は6浪の生徒ですが、私のなかでは、
今年のメルリックスのMVPだと思っています。
とても真面目な生徒さんで本当によく頑張っていました。

なかなか成績が伸びなかったのですが
彼は、どんな時もけっして勉強の手を緩めず
黙々と勉強に取り組んでいました。
去年の今頃、埼玉医科大学の後期試験に向けて
勉強していましたが、見ていて炎が見えました。

その時から更に1年、いつ見ても勉強をしていました。
慶応は分かりませんが、今年もメルリックスから
慈恵、日医、順天の合格者は出るでしょう。
もちろん、彼がその中に入ることも十分あります。

しかし、彼が帝京大学しか合格しなくとも、
私のMVPは彼です。

もう一人は、再受験生です。
航空会社に就職し、パイロットになるための
訓練も終わろうとしている、その時に
医学部受験を決意し、会社を辞めたそうです。

最初に面談した時
「パイロットなんて憧れの職業なのに!」と思いました。
それだけ、彼の決意は固いものでした。

文系の学部出身だったので、苦労はあったと思いますが
見事に乗り越えてくれました。
合格を勝ち取るまでの様々な苦労や葛藤を知っているだけに、
喜びもひとしおです。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

金沢医科大学2次試験対策

昨日は金沢医科大学2次試験のうち
グループ討論対策を行いました。

東邦大学と川崎医科大学の2次試験を受験する生徒、
獨協医科大学の1次試験を受験する生徒は
参加できない日程で申し訳なかったのですが
この日が最も多くの生徒が参加できる日程でした。

4人ずつ、2グループに分けて行いました。

金沢医科のグループ討論は、
はっきりとしたコツがあります。
対策を行った受験生とそうでない受験生で
明確な差がでると思います。
推薦入試でも二人合格しましたが、やはり
グループ討論では、
かなり差をつけることができたと感じたようです。

おそらく、このグループ討論対策を行っているところは
メルリックスしかないと思います。

なんといっても、金沢医科大学の1次試験合格者が
ある程度の人数、揃わないとできません。
更に今回のように、その合格者のうち日程的に
参加できない生徒が半分くらいいます。

また資料を作って、討論の課題文を用意して
討論のシミュレーションをしてと、
準備がけっこう大変です。

恐らく、メルリックスの生徒だけが準備をしているでしょうから、
このチャンスを生かしてもらえると信じています。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

愛知医科大学の発表

今日の午前10時過ぎ、予定の時刻を少し過ぎて、
愛知医科大学の1次試験の発表がありました。

今年は問題が少し難しかったのか、試験の後は
「だめだった」と言う生徒が多くいました。

今日、1次試験の合格者368人が発表されましたが
「だめだった」と言っていた生徒達も
受かるべき人はきっちり受かっていました。

愛知医科大学の2次試験の面接は
私立医学部の面接で最も手ごわい面接です。
時間も長いし圧迫面接もあります。

この大学は毎年、わざわざメルリクッスまで来てくださり
貴重な情報をくださいます。
お話をお伺いすると「本当にいい医師を育てたい」
という強い意欲をいつも感じます。
だからこそ、面接でしっかり見極めたいということです。

去年も父親を癌でなくした4浪の生徒が
愛知医大に進学しました。

2年前に駒沢大学の文学部を卒業した
生徒が進学しています。

二人とも医師とは無関係の家庭の生徒でした。

本人がしっかりしていれば、経歴や年齢に
かかわらず、合格通知をくれます。

ですから面接対策は欠かせません。
愛知医科大学の模擬面接がこれから続きます。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

まず3大学が終わりました。

愛知医科大学、岩手医科大学、金沢医科大学の
3大学の医学部一般入試1次試験が終わりました。

かなり実力がある生徒を除いて、
この3大学のうち二つは受けるように、指導しています。
もちろん、3大学全て受けてもいいと言っています。

受験した生徒の話によれば
愛知医科大学は
英語でこれまでと変化があったようです。
岩手医科大学は
理科がかなり変わっていて物理では、これまで出ていない原子が出たようです。
金沢医科大学は
数学の出題形式が変わって面食らった生徒もいたようです。

しかし、どんなにこれまでと変わっていても
落ち着いて本来の実力を出せれば
なにも問題はありません。
精神的な動揺こそが一番の敵です。

いつも言うことですが、
終わってみれば、
受かるべき生徒は受かっています。

自信を持って行って来い!

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

いよいよ一般入試のスタートです。

明日は、大学入試センター試験。
ここから、今年度の一般入試が始まります。

メルリックスの大学別対策講座も
医学部17大学の講座が今日で終了しました。
(歯学部は、この後もあります。)

もう、ここまで来ると
「精一杯やって来い!」としか
言い様がありません。

これからは、試験を終えて戻ってきた生徒の話を聞いて
入試の状況を掴むと同時に、生徒の気持ちを
落ち着かせることになります。

医学部では、
1次試験を通った生徒の模擬面接がずっと続きます。
朝から晩まで、真剣勝負でこっちも喋りっぱなしになるので
1日が終わるとグッタリします。

1次と2次が重なった生徒の相談も極めて重要です。
それまで分かっている情報を駆使して、
アドバイスをします。

歯学部志望者も含めて、
とにかく全員の合格を祈るばかりです。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

合宿です。

明日までの予定で
晴海グランドホテルで合宿中です。

朝、8時15分から授業は始まるのですが、
全員、きちんと出席しています。

夏の合宿だと朝、起こさないといけない参加者もいるのですが
さすがに、入試直前のこの時期は
朝から頭をフル回転させる意味もあるので、
みんなピシッとしています。

この時期、もちろん一人でも勉強はできるのですが
時間がないので、全部をくまなくやることはできません。

今、医学部、歯学部入試で合格点をとるために何をやるべきか?
このことを意識した勉強がなにより大切です。
そう、「合格点をとる」ここに徹底的にこだわらないとなりません。
100点はいらないのです。
合格点をとればいいのです。

医学部や歯学部で合格点をとるために今、何をやるべきか?
この合宿では、とにかく徹底的にここにこだわっています。

合否を分ける問題をやり抜くのです。
上位30番までの人しか解けない問題は後回し。
合否には関係ないからです。

これを解けるかどうかが分かれ道、これをやるのです。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

医学部定員増について

深刻な医師不足を受けて、
医学部の定員が、目の前の入試から増加されます。

医学部全体で編入分もあわせて
693名の定員増の予定です。
私立に限っても、271名増の予定で、
そのほとんどが一般入試にまわる予定です。
(詳しくは各大学のHPで確認して下さい)

定員増が入試に与える影響はどうでしょうか?

大手予備校のコメントで
「偏差値にして2くらい下がるかもしれない」
とありました。

大手予備校は入試情報の専任者を置いて、
さすがと思うことも多いのですが、
このコメントには賛成できません。
大学入試全体をいつも見ているので、
医学部入試の構造にはそれほど詳しくないのかなと感じます。

他学部と同じ様に、数字だけを見ていると
医学部入試も易しくなると思えてしまうのでしょうが、
そんなことはないと考えています。

特に私立医学部は甘い考えは絶対禁物です。
断言します。易しくはなりません。
気を引き締めて入試に臨んでください。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

受験生とクリスマス

世の中はクリスマスですね。
昨日のケーキ売り場は大変な混雑でした。

とは言え受験生には、あまり縁のない話です。
受験生がクリスマスムードに浸っている時間は
もちろん、ありません。

しかし、心の余裕を失ってしまうのも考えものです。

クリスマスだということにも気づかないのは、ちょっと心配です。
「クリスマスか」と思いつつ、
「今年は無理だけど来年は大学生としてクリスマスを楽しむぞ!」
くらいがいいのではないでしょうか?

メルリックスでも「心に潤いを」ということで
受付に多少、クリスマスの飾りをしましたが
それも、今日で片付けます。

残された時間は多くありませんが、精神的な安定を保って
入試までを過ごしてもらいたいものです。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

プレジデントファミリー

今、発売中のプレジデントファミリーに
医学部特集が出ています。
私も取材を受け、コメントが載っています。

プレジデントファミリーは
メインが中学受験の雑誌ですが
医学部の特集も載るんですね。
小学生のうちから医学部を考える親も少なくない
ということでしょうか ?

実は、私の娘が去年の2月に中学受験をしたので
この雑誌は何度か見たことがあります。
改めて、読んでちょっと懐かしくもありました。

娘の受験を経験したことで私自身が、
受験生の親の気持ちがよく分かりました。

親も、受験生と一緒に戦っているんですね。
ご両親のお気持ち、痛いほどよく分かります。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

強い気持ちがあればこそ

金沢医科大学の推薦入試で
合格の報告がきました。

某人気大学の付属高校の女子の生徒でした。
この付属高校はとてもとても人気のある大学の付属で
この学校の入試は、
東大女子NO1の桜陰などと並んで女子では最難関でしょう。

当然、ほぼ100%そのまま大学に進学するのが当たり前の中で
あえて、その権利を投げ打っての医学部受験でした。

最初、金沢医科大学のAO入試に挑戦したのですが、
こちらは、残念な結果に終わりました。
やはり、付属高校ですから、受験のための勉強を
学校ではやっていないことが大きかったようです。
一般的に付属高校ではそのまま進学するため
受験を意識しない勉強をすることが多いようです。
ですから、大学入試の学力試験では苦労します。

しかし、そこで諦めないで
今度は同じ金沢医科大学の推薦入試に挑みました。
もちろん、勉強も本当によくやっていました。

そして、今度は見事合格です。

なにがなんでも医学部に入る。
絶対、医者になる。
この、強い気持ちの勝利でしょう。

  • コメント(クローズ): 0
  • トラックバック(クローズ): 0

ホーム

カレンダー
« 7 月 2019 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る