医学部入試への道しるべ!

ホーム > メルリックス | 医学部入試 | 未分類 > 医学部の難易度

医学部の難易度

7月5日の土曜日に水戸にある高校で医学部を
目指される方に「最短距離で目指す医学部進学」
というテーマで1時間程、お話をさせていただきました。
教室いっぱいの参加者の皆さんが、とても熱心に
私の話を聞いて下さり、とてもやり易く感じました。

平成に入り18才人口が約85万人減り、それに伴い
大学受験生も約25万人も減った大学入試の現状
そんな大学入試の現状の中での国公立医学部入試
私立医学部入試の状況
そして、厳しい厳しい医学部入試でどうすれば合格を
勝ち取ることができるのか。といったお話をさせていただきました。
その中から一つ、医学部の入試難易度の話をご紹介しましょう。

河合塾さんの2015年度入試難易ランキング表(速報版)に
よればボーダーライン偏差値は以下のようになっています。

ボーダーライン偏差値を見ると慶應大学医学部はもちろん、
東京慈恵会医科大学も、東大の理Ⅰや理Ⅱより難しいという
ことになります。

私立大学で、医学部を除けば最も難しい早稲田大学先進理工学部と
慶應大学理工学部に合格するレベルでは、ボーダーライン偏差値が
5も上の慈恵医大は全く歯が立たないということになります。

帝京大学医学部に合格するためには、医学部を除く理系の
最難関に合格する力が必要ということです。
試験科目や配点などが違うので単純ではありませんが、
ザックリ言うと上記のように言うことができます。

医学部入試は本当に厳しいですね。

次回は「私立医学部で東大理Ⅲより難しい大学もある」というお話を。
慶應大学医学部ではありません。東京と関西の大学です。

関連する投稿




ホーム > メルリックス | 医学部入試 | 未分類 > 医学部の難易度

カレンダー
« 7 月 2014 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る